私たちの資金提供者とパートナー
 

私たちの資金提供者とパートナー

コクランでは、パートナーと創立者との共同作業により、権威があり重要かつ信頼性の高い、健康に関する科学的根拠(エビデンス)を作成して配信しています。最新の質の高い研究エビデンスを通して世界中の人々の健康向上に役立ち、その情報を利用しやすくわかりやすいものにするという私たちの誓いは、創立者とパートナーとの関係に表れています。

独立性と透明性

コクランの中央組織の2017年度収益は、大幅に増え867万ポンドとなり、2016年度から19%増加しました(680万ポンドGBP)。この収益のほとんどは、コクラン・ライブラリやその他のコクラン商品の売上によるものです。収益は、『2020年への戦略』の目的を達成するため、理事会から組織へ還元されます。ここから、正式な管財報告書、財政報告書、年次審査書において、コクランの中心組織の収益について詳細にみることができます。

グループのグローバルネットワークは、国内政府、国際政府組織、国際非政府組織、大学、医療機関、私立財団法人、各国からの個人的な寄付によって支援されています。コクラングループの2017年度の収益は15,606,328ポンドでした(詳細は下記参照)。

コクランは、正式かつ信頼できる情報を提供できます。なぜならば、商業的および利益相反となる資金援助は受けていないからです。この方針が意味するのは、コクランの貢献者が自由に作業でき、営利目的や財政目的によって拘束されないということです。

営利団体からの資金援助に関する方針については、こちらをお読みください。


支援者

支援者

私たちは商業的および利益相反となる資金援助は受けません。 これは権威のある信頼性の高い情報が、商業的および経済的利益に行動を制限されない人々によって作り出されるうえで、私たちには必要不可欠なことだからです。

コクランは、下記の組織に対してその支援を感謝します。

100万ポンド以上

国立衛生研究所(NIHR)

国立衛生研究所(NIHR)(英国)は、国民健康保険(NHS)の研究団体で、保健省から資金援助を受けています。その目的は、研究を介して国民の健康と福祉を改善することです。NIHRは、大規模かつ多角的に全国で活躍する組織です。また、NIHRの職員、施設やシステムは、世界中で最も統合された臨床研究システムを代表しています。NIHRは、最も大規模な単一のコクラン資金提供者であり、イングランドを拠点とするコクラン・レビュー・グループ21団体を現在支援しています。

国立衛生研究所(NIH)

国立衛生研究所(NIH)(米国)、米国の一部保健社会福祉省は、国内の医療研究機関であり、健康を改善し、命を助ける重要な発見を担っています。

国立保険医療研究評議会(NHMRC)

国立保険医療研究評議会(NHMRC)(オーストラリア)は、オーストラリアの主要な専門家団体であり、公衆と個人の健康標準を推進および維持することを推奨しています。NHMRCは、単一の国内組織の中で、研究費提供や助言の提案を行っています。その長所の1つは、医療システムのすべての要素の資源を利用していることです。それには、政府、医療従事者、看護師、関連する医療関係者、研究者、教育と研究機関、公衆と個人のプログラムマネジャー、サービス提供者、コミュニティ健康機関、社会健康研究者、消費者が含まれます。

50万〜100万ポンド

Den danske regering/デンマーク政府(Rigshospitalet研究委員会)

Rigshospitalet Research CommitteeDen danske regering/デンマーク政府(Rigshospitalet研究委員会)(デンマーク)は、専門性の高い医療機関であり、一部の例外を除いて、すべての医療専門分野を網羅しています。

南アフリカ医学研究協議会

南アフリカ医学研究協議会(SAMRC)(南アフリカ)は、1969年に設立され、その目的は、研究、開発および技術提供を介して、国民の健康と生活の質の改善を促進する使命を果たすことです。

すべての資金提供者を閲覧するにはここをクリックしてください。

100万GBP以上

国立衛生研究所(NIHR)
国立衛生研究所 (米国)
国立保険医療研究評議会(オーストラリア)

50万〜100万GBP

Den danske regering/デンマーク政府(Rigshospitalet研究委員会)
コクランチャリティ - 様々な資金提供のメカニズムを介してコクラングループに返還される中央ファンド
南アフリカ医学研究協議会

10万〜50万GBP

英国国際開発省 (英国)
Universität Freiburg/フライブルク大学(ドイツ)
Ministère des affaires sociales et de la santé/Ministry of Social Affairs and Health (France)
Chief Scientist Office (スコットランド)
Kika  Kinderen kanker vrij (オランダ)
Bundesministerium für Gesundheit/Federal Ministry of Health (ドイツ)
Norwegian Agency for Development Cooperation (ノルウェー)
Bundesministerium für Bildung und Forschung/Federal Ministry of Education and Research (ドイツ)
Centre Hospitalier Universitaire Vaudois (スイス)
New Zealand Ministry of Health (ニュージーランド)
McMaster University(カナダ)
Hospital de la Santa Creu i Sant Pau (スペイン)
Lower Austrian Health and Social Fund (オーストリア)
世界保健機関(WHO)
BC Ministry of Health(カナダ)
Department for Health and Human Services Victoria (オーストラリア)
National Research Foundation of Korea (韓国)

5万〜10万GBP

Deutsche Krebshilfe e.V./German Cancer Aid (ドイツ)
Crohn's and Colitis Canada
Singapore Clinical Research Institute
国立成育医療研究センター(日本)
HSC Research and Development (北アイルランド)
UK Cystic Fibrosis Trust
Ministry of Health and Welfare (台湾)
Ministry of Health (オーストリア)
Suva (スイス)
Federale OverheidsDienst (FOD) Volksgezondheid/連邦公共サービス公衆衛生
Julius Center, University Medical Center, Utrecht (オランダ)
Assistance Publique, Hopitaux de Paris (フランス)
コクラン口腔衛生グローバルアリアンスパートナーは以下と併合:米国公衆衛生歯科学会(米国)、英国コミュニティ歯科学会(英国)、英国小児歯科学会(英国)、カナダ歯科衛生士協会(カナダ)、the Centre for Dental Education and Research at All India Institute of Medical Sciences(インド)、National Center for Dental Hygiene Research & Practice(米国)、ニューヨーク州立歯科大学(米国)、NHS Education for Scotland(英国)
Health Research Board (アイルランド)

2万〜5万GBP

Ministerio de Sanidad, Servicios Sociales e Igualdad/Ministry of Health, Social Services and Equality(スペイン)
IQ Healthcare (オランダ)
Ministero della Salute/Italian Health Ministry (イタリア)
Fondazione Italiana Sclerosi Multipla/Italian Multiple Sclerosis Foundation (イタリア)
Dutch National Health Care Institute(オランダ)
オックスフォード大学(英国)
Federal Ministry of Education(ナイジェリア)
Ontario Ministry of Health and Long-Term Care(カナダ)
日本医療研究開発機構
Liverpool School of Tropical Medicine(南アフリカ)
Canadian Institutes of Health Research (カナダ)
Biomedical Research Institute Sant Pau(スペイン)
コーンケーン大学(タイ)
Thailand Research Fund(タイ)
韓国保健産業復興院(韓国)
欧州連合
University of Pécs (ハンガリー)
Danish Rheumatism Association
Population Health Research Institute(カナダ)
Foundation IRCCS - Istituto Neurologico Carlo Besta, Milan(イタリア)
Odense University Hospital, University of Southern Denmark
Leading National Research Centre, Ministry of Science and Higher Education(ポーランド)
Taipei Medical University (台湾)
University of Western Ontario Department of Medicine, POEM fund(カナダ)
Federal Knowledge Centre(ベルギー)
Health Promotion Administration, Ministry of Health and Welfare(台湾)
State of Lower Austria
Niederösterreich Gesundheits und Sozialfonds (NOGUS)/Health and Social Funds, Lower Austria(オーストリア)
Sanita Regione Umbria/Region of Umbria, Health Authority (イタリア)

1万〜2万GBP

Federal Ministry of Health(ナイジェリア)
Department of Translational Surgery and Medicine, University of Florence (Italy)
 Parkinson Consumer Society
Unité de SOUTIEN SRAP du Québec(カナダ)
Faculdade de Medicina de Lisboa (ポルトガル)
Commission de promotion de la santé et de lutte contre les additions (CPSLA) - Canton de Vaud(スイス) 
Lazio Region(イタリア)
Coeliac Australia
Swiss School of Public Health (スイス)
American College of Gastroenterology(米国)
Canadian Association of Gastroenterology(カナダ)
Instituto de Medicina Molecular, Faculdade de Medicina da Universidade de Lisboa(ポルトガル)
Istituto Superiore di Sanità/National Institute of Health(イタリア)
Fondation SANA(スイス)

1万GBP以下

Kazan Federal University Program, Federal Ministry of Education and Science(ロシア)
Jagiellonian University Medical College (ポーランド)
Cabrini Institute (オーストラリア)
IHCAI FOUNDATION- International Health Central American Institute Foundation(チリとコスタリカ)
MDS Foundation (ポルトガル)
Uniklinik Köln (ドイツ)
Australian Commission for Safety and Quality in Healthcare
Penang Medical College(マレーシア)
Ministarstvo obrazovanja, znanosti i sporta/Ministry of Education, Science and Sports(クロアチア)
Bruyere Research Institute(カナダ)
Danish Health Authorities(デンマーク)
City of Zagreb(クロアチア)
Universidad Nacional de Colombia (コロンビア)
ニュージーランドの医師(個人的寄付)
University of Johannesburg (南アフリカ共和国)
Sveučilište u Splitu/University of Split, School of Medicine (クロアチア)
University of Zurich, Epidemiology, Prevention and Biostatistics Institute(スイス)
Fudan University, Shanghai(中国)
Grad Split/City of Split(クロアチア)
National Hemophilia Foundation (米国)
County of Split and Dalmatia(クロアチア)
Otago University (ニュージーランド)
Institute for Medical Informatics, Biometry and Epidemiology, Ludwig-Maximilians-Universität München(ドイツ)

閉じる

パートナー

私たちはパートナーと共同して取り組んでおり、信頼でき、重要であり、かつ信憑性のある医療エビデンスを作り出して広めています。パートナーとの関係性は、質の高い最新の研究エビデンスを介して、世界の医療を改善する手助けをし、この情報を利用できるようにし、理解しやすいようにするという私たちの使命を反映しています。

コクランのパートナーが私たちの功績をどのように認識し定義しているか、ビデオをご覧ください。

 

閉じる

コクランは、下記のパートナーに対し、その支援を感謝します。

AllTrials(全臨床試験)

AllTrials(全臨床試験)AllTrials キャンペーンでは、過去から現在までの全臨床試験の登録と結果報告を呼びかけています。これまで何十万という臨床試験が実施されてきましたが、それらの臨床試験のデータは公開されていないか、あるいは一部のデータしか利用することができません。このデータは、医師にとっては治療方針の選択の際、また規制当局にとっては資金供与すべき医療分野を選択する際、情報に基づいた決定をするうえできわめて重要なデータです。AllTrials の発起人は、Bad Scienceの著者であるBen Goldacreのほか、慈善団体の Sense About Science、英国オックスフォードにあるCentre for Evidence Based MedicineJames Lind InitiativeBMJ、およびコクランでした。

Campbell Collaboration

Campbell CollaborationCampbell Collaborationは、 社会行動科学分野における介入の効果に関するシステマティックレビューを作成し発信する国際的な研究ネットワークです。社会政策および社会的慣行に関するエビデンス(科学的根拠)の基盤を強化することによって、官民事業の質の向上を目指しています。Campbell Collaborationでは、犯罪と司法、教育、国際開発、社会福祉の領域でレビューを作成しています。2000年のCampbell Collaboration創立以来、コクランとCampbellは密接に提携してきました。2015年、両者は関心が共通している多くの領域でさらに協力して効果的に活動するため、計画をまとめているところです。

Epistomonikos

Epistemonikosは、医療エビデンスの共同多言語データベースです。これは、医療上の意思決定に関連するシステマティックレビューの最も大規模な情報源、その他の種類の科学的エビデンスの大きな情報源です。

Guidelines International Network

Guidelines International NetworkGuidelines International Network(G-I-N)は、ガイドラインの開発や改良、実施の際の共同作業をリードし、強化・支援することを目標に活動しています。2014年、コクランとG-I-Nは正式にパートナーシップを締結しました。双方にとってのエビデンスの有用性や、世界中の個人をはじめ医師や国際的な保健政策決定者に至るまで健康に関する意思決定を行う人々によるエビデンスの使用を確実に実現するため協力して活動にあたることに合意しました。

Wikipedia

WikipediaWikipediaでは、医学関連記事の閲覧回数が毎月1億8千万回を超える一方、正式な査読のプロセスを経たものは1パーセント未満です。これは、コクランとWikipediaの医学エディターが協力して、インターネットで利用できる健康に関するエビデンス(科学的根拠)の質や内容を根本から変えるまたとない機会につながります。2014年に正式に締結したパートナーシップに基づき、Wikipediaに掲載される医学情報が可能な限り正確で最高品質であることを保証するプロセス導入の他、Wikipediaに掲載されている医療関連記事に関連性のあるエビデンスを盛り込むことが可能になりました。エビデンスに基づいた信頼性の高い研究によって、人々は自分自身の医療について情報に基づいた意思決定ができます。

Wiley

WileyJohn Wiley & Sons(Wiley)社は、2003年以来、コクランの主な出版パートナーであり、コクランの協力者およびスタッフと緊密に連携しながら、同社の国際的に認知された電子出版プラットフォームであるコクラン・ライブラリの出版を支援しています。コクランとWileyとが提携を進めるなかで、世界の半分以上の人々がライセンス購入または無料プログラムを通じて、コクランのコンテンツにワンクリックでアクセスできるようになりました。 

世界保健機関(WHO)

2011年から、コクランは世界保健機関(WHO)と公式に提携関係を結んでいます。この提携関係では、私たちには代表者一人を指名する権利があります。この代表者は投票権を持ちませんが、WHOの意思決定の場である 世界保健総会などのWHOの会議に参加することができます。そのため、私たちはWHOの保健に関する決議に説明文を加えることができます。またこの提携によって、WHOが研究に基づくエビデンス(科学的根拠)を特定し、評価し、使用する過程に対して、私たちは情報を提供することができます。さらに、私たちは各種の勧告や政策の作成に有用な保健情報を、信頼性の高い要約として提供します。この活動を通して、二者の垣根を越えた連携と質の高い 共同研究を促し、あらゆる部門の政策が健康の向上と健康格差の縮小へとつながるよう、必要なエビデンスを作成します。

コクランのパートナーになる方法について詳細をお知りになりたい場合は、ご連絡ください

コクランの詳細について

Share/Save