コクラン会員

コクラン会員とは

2017年、コクラン・エビデンスの執筆と普及に貢献するすべての人々に報いるため、コクラン会員制度が発足しました。会員費は無料で、コクランの任務に貢献すると会員と認められます。

コクランは会員が協働することでなりたっている組織であり、定期的に会員に諮った上で組織として何を優先するかを決めています。会員となることで、コクランの未来を形作る作業に寄与できるわけです。

自分の貢献/会員情報を確認する未記録の貢献がある場合はご連絡ください。

自分の貢献を追加する(コクランにボランティアとして参加したことのある方)

私は医療を改善しエビデンスに基づく医療を推進するため、コクランのグローバルコミュニティに参加したいと思っていました。インドが新型コロナウイルス感染症のために完全にロックダウンされていた際、私はコクランの提供する情報を確認しつつその活動に従事しました。そうすることで、自宅から安全に生産性を維持して医療の発展に貢献できたのです。

会員資格を得るにあたっては、コクラン・クラウドでのオンライン・スクリーニングに複数件参加し、コクラン・タスクエクスチェンジでもボランティア作業を行っています。

Vinayak Mishra(インド)
Vinayak Mishra(インド)

コクラン会員のメリット

  • 周囲から評価される コクランの会員資格を有するということは、エビデンスに基づく医療に貢献したと多くの人から認められたということであり、履歴書やキャリア・ポートフォリオに載せることのできる付加価値となります。
  • 組織を代表する 会員はコミュニティの中核をなし、コクランの未来を形作る助けとなるものです。会員には組織人事選任に投票権があり、投票することで組織のガバナンスや戦略に関与することが可能です。
  • 自己啓発 コクランに貢献することで、新たなスキルを伸ばす機会が得られます。会員となれば、コクランのオンラインコース「システマティックレビューを行うには」を履修する際に45%の割引も適用されます。
Jacqueline Thompson(イギリス)
Jacqueline Thompson(イギリス)

私はコクラン・タスクエクスチェンジに掲載された作業にボランティアとして参加し、コクラン会員となりました。世界中の研究者と協力することができるようになり、貴重なトレーニングリソースを利用できるようにもなったのです。


コクラン会員になる

コクランの一員となり、コクラン・サポーターとして探求を始めませんか?コクランへの貢献に応じ、会員資格ポイントが貯まります。貢献を重ねる過程で、医療に関するエビデンスについてより深く学ぶことも、新しいスキルを身につけることも可能です。

コクランの会員形式には以下のようなものがあります。すなわち、

  • ポイントに基づくもの 継続して貢献することで、会員資格を更新します。ポイントが1000、3000、5000と増えるのに応じて、それぞれ1年、3年、5年の会員資格が与えられます。会員資格を有効化できるようになると、eメールでその旨をお知らせします。
  • 役職に基づくものコクラン職員用
  • 終身会員または名誉会員 長年にわたり、コクランに対し多大な貢献をされた方が対象です。

コクランへの貢献が増すのに応じて、これを表彰するものとしてダウンロードできるバッジが入手可能になります。

コクラン・サポーター
サポーター
コクラン会員
会員
コクラン職員
職員
コクラン終身会員
終身会員
コクラン名誉会員
名誉会員
 

会員はいずれも、コクランの会員規約に同意する必要があり、これには製薬会社や医療機器会社に勤務していない、ということの確認も含まれます。利益相反を防ぐためです。

私が医学の勉強を始めたころ、教授陣や同僚はみんなコクラン・コミュニティの話をしていました。

そこで私ははっきりと目標を決めたのです。コクラン・コミュニティに参加し、会員になる、と。

その後コクラン・タスクエクスチェンジでボランティア作業に従事し、会員資格を得ました。会員であるということは、思った以上にすばらしい経験となっています。医学知識の壮大な生産拠点の一員になったような気分です。

Zain Douba (シリア・アラブ共和国)
Zain Douba (シリア・アラブ共和国)

コクラン会員資格を更新する

継続してコクランに貢献している場合、会員資格は自動的に更新されます。

1
コクランに参加
2へのライン
2
サポーターになる
3へのライン
3
コクランに貢献
4へのライン
4
会員になる
 
4から次へのライン
 
 
それ以外タスクを行わない
2へのライン
 
4から5へのライン
5
さらにタスクを行う
6へのライン
6
会員資格を更新
 

Ahmed Ozair(インド)
Ahmad Ozair(インド)

2018年に会員資格を得て以来、コクラン・クラウドでスクリーニングに従事して会員資格を更新してきました。行ったスクリーニングは3500件を越えます。

コクラン会員資格をもつということは、学術的キャリアの早い段階からエビデンスに基づく医療に個人的に取り組んできたということです。インドで働く一研修医として、私は自分がコクラン会員であることを高く評価しています。

さらに、システマティックレビューを行うためのコクラン・トレーニングを安価で受けることもできました。

 


職員としての会員資格

コクランで以下の職務についている場合、自動的に会員資格が与されます。すなわち、

  • 理事会および委員会のメンバー
  • コクラン・グループとコクラン・ネットワークの職員
  • コクラン・グループの編集者
  • 翻訳プロジェクトマネージャー
  • 執行委員
  • 各コクラン・メソッドグループの開催者
  • 科学委員会、ハンドブック編集チーム、資金源に係る異議調停委員会のメンバー
  • 中央執行委員

コクランの職員でまだ会員でない方はsupport@cochrane.orgまでご連絡ください。

Hebatullah Abdulazeem(ドイツ)
Hebatullah Abdulazeem(ドイツ)

私がコクラン会員になったのは2018年のことです。

コクラン・クラウドでスクリーニングを行い、コクラン・タスクエクスチェンジを通じて貢献したほか、翻訳にもボランティアで参加しました。

コクラン・コミュニティは知識と学びの機会に満ち、援助も豊富に得られる上、成功のチャンスもたくさんあります。会員となれば、専門家やアマチュア科学者として楽しんで時間と労力を費やせるでしょう。