COVID-19パンデミックを封じ込めるために考案された学校ベースの対策で、これまでに評価されたものはどれか、またどのように評価されたか。

なぜこの論点が重要か?

SARS-CoV-2の蔓延とCOVID-19の影響に対抗するために、世界各国は様々な公衆衛生対策を講じている。多くの国では、学校の閉鎖は最も早い対応の一つであった。2020年4月中旬までに192カ国が学校の閉鎖を実施し、世界の生徒数の9割以上に影響が出ている。これは学校、家庭、仕事の生活をひどく混乱させ、以下のような悪影響を及ぼす可能性がある:

- 子どもや若者の健康とウェルビーイングの悪化;
- 恵まれない背景とより特権的な背景を持つ子供/若者の間の不平等の増加;
- 親の収入や仕事の安定性が低下する可能性がある;
- 親の経済的生産性が失われる可能性。

学校閉鎖の潜在的な悪影響を考え、多くの国が学校を再開している。生徒間、職員と生徒間、さらにはその先の感染を防ぐために、学校単位で様々な対策が講じられている。行われている措置として以下のようなものが挙げられる:

- 生徒や職員はフェイスマスクを着用し、定期的に手を洗う;
- 学校の活動を適応させる(例えば、音楽の授業で歌わないなど);
- 換気システムの改善;
- 感染が疑われる症例のスクリーニング。

これまでのところ、COVID-19を封じ込めるために考案された学校単位の対策がどのように評価されてきたのか、またどのように評価されてきたのかについてはほとんどわかっていない。それを見極めることが重要であり、そのうちに、さまざまな施策の効果を比較し、今後の政策指針に役立てることができるようになる。

私たちは、COVID-19を封じ込めるための学校単位の対策に関するエビデンスを特定し、マッピングすることに着手した。本研究は、これらの施策の有効性について、今後のレビュー作成の基礎となることを目的としている。このレビューは、世界保健機関(WHO)が発行しているガイドラインを参考にした。

どのようにしてエビデンスを特定し、マッピングしたのか?

まず、COVID-19の感染拡大を防ぐために設計された学校における介入セットを評価した研究を検索した。あらゆるタイプの研究を検討し、以下のような幅広い結果を得た:

- 感染症の伝染;
- 健康に対するその他の有害または有益な影響;
- 社会、経済、人口に対するより広い示唆。

次に、研究をどの程度類似しているか、あるいは異なるかによってグループ分けした。これで以下の計測が可能になった:

- これまでの対策を評価するために、どのような研究が行われてきたのか;
- 研究が行われた場所;
- どのタイプの介入が評価されているか;
- どんな結果が研究されてきたのか。

わかったこと

42件の研究が見つかった。

研究の種類

31件の研究では、母集団に対する対策の効果を予測するために数学的モデリングデザインが用いられていた。2つの研究では、研究者が対象となる人や環境をグループに分けて、さまざまな対策の効果を比較する実験的デザインを使用していた。9件の研究は観察研究であり、研究者は単に介入の効果を観察しただけであった。

研究の環境

研究は、ヨーロッパ(20件)、北南米(13件)、西太平洋(6件)、東地中海(1件)で行われた。ほとんどの研究では、2つ以上の教育環境(例えば、初等教育機関と中等教育機関)での測定を評価している。3つの研究では中等教育機関に焦点を当てていた。

介入の種類

研究では、以下の3つの幅広いタイプの尺度を評価した:

1.SARS-CoV-2の感染を減らすための組織的対策(36件):これらには以下のものが含まれていた:

- 互いに接触する人々の間での疾病感染のリスクを制限するために設計された措置(フェイスマスクや物理的距離に関する施策など);および
- 接触の機会を減らすための措置(例えば、到着時間、休憩時間、出発時間をずらす)。

2.SARS-CoV-2の感染を減らすための構造的または環境的対策(11件):例えば、学校の運動場を分割したり、空気の循環を改善したりする。

3.SARS-CoV-2感染を検出するためのサーベイランスおよび対応策(19件):これらは以下のものを含む:

- 検査、追跡調査、症状スクリーニング;および
- 確定症例の隔離または疑われる症例の検疫。

研究結果

研究では、以下の対策の効果を評価した:

- SARS-CoV-2の感染(29研究)、新規感染者数または1人の感染者がウイルスを感染させる人の平均数(基本再生産数、R)を含む;
- 医療利用(8研究)、例えば入院数など;
- その他の健康上のアウトカム(3件の研究)、例えば、手湿疹(皮膚の状態)を発症するリスク;
- 社会的、経済的、その他の人口レベルのアウトカム(5件の研究)、コストを含む。

このレビューは何を示唆するのか?

COVID-19を封じ込めるために設計された幅広い学校単位の対策が、これまでに評価されている。これらを評価するために、研究者たちはさまざまな方法を用いて、さまざまな結果を調査してきた。このレビューは、どのようなエビデンスがあるのかを判断するための重要な第一歩であり、このトピックに関する今後の迅速なレビューの参考になるだろう。

訳注: 

《実施組織》 阪野正大、杉山伸子 翻訳[2020.12.23]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD013812》

Tools
Information
Share/Save