COVID-19感染症を合併する心臓や血管の問題はどのようなものか、その頻度はどのくらいか、またこれらの患者は他にどのような病状を抱えているのか。

背景

COVID-19に感染しても、多くの人はほとんど、あるいは全く症状がない。しかし、COVID-19は血液を「ネバネバ」させ、細い血管(毛細血管)と太い血管の両方を詰まらせ、心筋梗塞や脳卒中、足や肺の血栓を引き起こす可能性がある。これらは致命的なものである。糖尿病、高血圧、心臓病の既往症がある人は、COVID-19にかかった場合、そのような合併症を発症するリスクが高くなる。

研究の論点

私たちは、COVID-19が確認された、あるいは疑われた場合に、それを調べたいと思った。

- 心臓や血管(心血管)に最も多い既往症は何か(例えば、糖尿病、高血圧、肥満など)。

- 心臓や血管に影響を与える最も一般的な合併症は何か(不整脈、血栓、心不全、脳卒中など)、さまざまな環境(地域社会、介護施設、病院)での事例を紹介する。

方法

COVID-19の可能性がある、または確認された人の心臓や血管の問題を報告した出版された研究を検索した。研究デザインや実施場所は問わない。ただし、他の研究者のチェックを受けていること(査読を受けていること)、英語で書かれていること、少なくとも100件の症例が含まれていることが条件である。

エビデンスは2020年7月までのものである。

わかったこと

関連する情報を報告した220件の研究が見つかったが、情報の質は低いことが多かった。研究はほとんどが中国とアメリカからのものであった。ほとんどの研究では、COVID-19で入院したごく少数の症例、しばしば集中治療室に入院した症例に関する情報しかなかった。

その結果、COVID-19で入院した人には高血圧、糖尿病、心臓病が非常に多く、死亡リスクの増加につながることがわかった。COVID-19の患者の3分の1以上に高血圧の既往があり、23.5%に心臓や血管の既往があり、22.1%に糖尿病、21.6%に肥満があった(多くの人がこれらの条件を複数持っていた)。

COVID-19にかかった人に最も多かった心血管合併症は不整脈(心房細動;8.5%)だった。また、足の血栓(6.1%)や肺の血栓(4.3%)、心不全(6.8%)も多く見られたが、これらの研究では必ずしも適切な調査が行われていないため、報告された割合は過小評価されている可能性がある。心臓発作(1.7%)と脳卒中(1.2%)の報告は少なかった。また、血液検査では、心臓の障害やストレスが示唆されることも多かった。

次のステップ

これらの研究は、重度のCOVID-19で入院している人を対象としているため、入院していない軽度のCOVID-19の人には結果が当てはまらない可能性がある。それぞれの研究は非常に異なっており、常に同じ方法で結果を報告したり、最も信頼性の高い方法を使用しているわけではなかった。そのため、既往症や心血管合併症の有病率の精度に対する信頼度は高くない。

このレビューの更新を予定している。しかし、今後は、より質の高いエビデンスのみに注目し、知見の強度を高めていきたいと考えている。

訳注: 

《実施組織》阪野正大、井上円加 翻訳[2021.03.23]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD013879》

Tools
Information
Share/Save