帝王切開術の術後感染を減らすために、帝王切開術の前に消毒液で腟を洗浄すること

論点

帝王切開術の前に腟を消毒液で洗浄すると、子宮内膜の感染や手術創の合併症を含んだ母体の感染リスクが減少するかを検討した。帝王切開術の前に腟洗浄を行うと、腟内の細菌数を減らすことが可能である。細菌は腟や子宮頸部に自然に存在するものだが、手術手技の最中に子宮内に移動すると感染をきたす。そのため、抗生物質をルーチンに手術中あるいは前に投与して感染のリスクを減らすが、それでもこれらの合併症により女性が苦しむことがある。抗生物質は、一貫してすべての細菌に有効というわけではなく、抗生物質が効かない耐性菌も存在している。

重要である理由

帝王切開分娩はいまや一般的であり、アメリカなど一部の国ではおおむね3人に1人の赤ちゃんが帝王切開術で産まれている。帝王切開術を受けた女性のうち、4人に1人が子宮感染(子宮内膜炎)を、10人に1人が皮膚切開創のトラブルをおこす。特に、帝王切開術の前に既に破水している場合や陣痛が始まっている場合には、その感染のリスクはより高まる。これらの合併症は女性の術後回復を遅らせ、赤ちゃんの世話をする力に影響しうる。本コクラン・レビューは、2010年に初版が発表され、その後続けて2012年、2014年に更新されてきたものである。

得られたエビデンス

我々 は 2017年7月10日までの文献を検索した。この更新版では、11のランダム化比較試験を組み入れ、帝王切開術を受けた3403人の女性が対象となった。8つの研究では腟洗浄にポビドンヨードを用い、2つの研究ではクロルヘキシジンを、もう1つの研究ではベンザルコニウムを用いていた。報告されたアウトカムに対するエビデンスの質は、GRADEシステムの中等度であった。

帝王切開術直前に消毒薬で腟洗浄を行うと、洗浄なしや生理食塩水や水を用いた洗浄と比較して、術後の子宮感染を半分以下に減らした。10の研究に組み込まれた3283人において、感染率は8.7%が3.8%になった。特定のサブグループに関する結果の解釈には慎重であるべきだが、既に破水していた女性(17.9%が腟洗浄で4.3%に減少;対象は3つの研究で272人)、帝王切開術の前に陣痛が始まっていた女性(11.1%が腟洗浄で4.7%に減少;対象は4つの研究で960人)でも、同様の効果が認められた。ポビドンヨードとクロルヘキジシンのどちらを用いても、効果は同様であった。

術後の発熱(対象は8つの研究で3109人)あるいは創部感染(対象は8つの研究で2839人)は、消毒薬による処置でわずかに減少するかもしれないが、結果は完全に明確ではなかった。創部の合併症と子宮内膜炎を組み合わせた結果だけは、術前の腟洗浄を受けた女性全体でリスクが下がっていた(対象は2つの研究、499人)。

どの研究も、消毒液に対するアレルギー反応や刺激症状などの有害事象の報告はしていない。

意味するもの

帝王切開術直前の腟洗浄は恐らく、ヨウ素とクロルヘキシジンどちらを用いても、帝王切開術後の子宮感染のリスクを減少させる。この効果は、破水後や陣痛が来た後に帝王切開術を受けた女性において、より大きいかもしれない。腟洗浄という処置は、帝王切開術による出産後の感染症リスクを減らす方法として、一般的に単純で認容性も高い方法である。

訳注: 

《実施組織》杉山伸子 内藤未帆 翻訳、[2018.09.12] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。  《CD007892》

Tools
Information
Share/Save