早産児の呼吸窮迫に対する持続的気道陽圧(CPAP)の適用

レビューの論点:私たちは、呼吸困難のある早産児において、酸素単独使用と比較して持続的陽圧(CPAP)を使用することで、死亡や機械換気の使用が安全に減少するかどうかを知りたいと考えた。

背景: 肺の未熟さによる呼吸困難は、早産児の死因の中で最も一般的なものである。これらの呼吸困難は、多くの場合、生後すぐは軽度であり、生後数時間から数日で悪化する。軽症の児に対する通常のケアは、酸素を使うことである。酸素療法は、マスク、酸素カヌラ、またはヘッドボックスを介して行われる。重症児には、気管内チューブを介して呼吸を代行する人工呼吸器が必要である。人工呼吸器は、命を救うかもしれないが、肺、特に未熟な肺にはダメージを与える可能性がある。早産児では、このダメージは気管支肺異形成(BPD)として知られている。人工換気の合併症としては、肺と胸膜の間に穴を開けて空気が漏れる肺虚脱(気胸)がある。

CPAPは、児に呼吸補助を提供する比較的簡単な方法であるが、肺の損傷を減らすことができるかもしれない。この方法は、児が自分で呼吸を続けることに依存する。持続的な陽圧は、鼻の穴にチューブを入れて(鼻プロング)、鼻だけを覆うマスク(鼻マスク)、フェイスマスク、または肺にチューブを入れて(気管内チューブ)かける。これにより、児の気道が開き、呼吸が楽になる。

持続的陰圧(CNP)はCPAPの代替品である。児の体をチャンバーで包み込み、肺を拡張して呼吸を楽にする。CNPは面倒であり、CPAPに取って代わられている。このレビューの更新では、CNP研究は含まれていない。

検索日: 2020年6月30日に検索した。

研究の特徴: 322人の乳児を登録した5つの試験が含まれている。

1970年代に3件、2007年に1件、2020年に1件の小規模な設定での研究が行われた。出生体重1000g以下の乳児はほとんどいなかった。すべての研究は、CPAPによって死亡または治療失敗(死亡または人工呼吸のいずれかを含む)が減少したかどうかを報告した。4つの研究では、CPAPによって人工呼吸器の使用が減少したかどうかが報告された。

主要な結果: 我々は、酸素療法のみでは約半数の児が治療に失敗(死亡または人工呼吸)し、仮に1000人の赤ちゃんを治療した場合、519人の赤ちゃんが治療に失敗することを発見した。CPAPはこれを約3分の1に減らし、1000人を治療した場合、332人が治療に失敗するか、1000人あたり259~425人の間で治療に失敗することがわかった。しかし、バイアスのリスクや研究の違い、サンプルサイズや設定の小ささ(40年以上前の3つの研究)などから、この効果については非常に不確実性が高いと考えている。また、人工呼吸器による換気だけでは減らなかったかどうかも不明である。死者数は1000人あたり235人から、1000人あたり80人から195人に減る可能性が高い。

気胸の発生はCPAPの方が多いかもしれない。BPDの割合に差があるかどうかを示す情報が不足していた。他にも重要な合併症があるのか、小児期になってからの違いがあるのかなどの情報はない。

訳注: 

《実施組織》 小林絵里子、冨成麻帆 翻訳[2021.03.06]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD CD002271.pub3》

Tools
Information
Share/Save