生殖補助医療における不妊女性への胚培養液の子宮内注入

レビューの論点

コクラン共同研究の研究者らは、生殖補助医療を受けている女性の胚移植前に胚培養液の上清(上澄み)を子宮内に注入することの有効性と安全性に関するエビデンスをレビューした。

背景

生殖補助医療(ART)とは、不妊治療に用いられる技術のことで、体外受精(IVF)や細胞質内精子注入法(ICSI)が最も一般的である。臨床および研究室における努力とこれらの治療成績の改善がなされてきたにもかかわらず、妊娠率は比較的低いままである。IVFでは、女性の卵巣から卵子を取り出し、パートナーやドナーからの精子とともに、胚培養液と呼ばれる液体を入れたお皿(シャーレ)に入れる。ICSI((訳者注:日本では、顕微授精と呼ばれることが多い)では、女性の卵子に1個の精子細胞を注入し、その卵子を培養液に入れる。

様々な因子が胚と母体組織とのコミュニケーションを可能にしている。これらは、子宮内膜の受容性に影響を与える可能性がある。研究者らは、胚移植前に胚培養液の上清を子宮内に注入すると、子宮内膜が刺激され、胚が子宮に着床しやすくなるのではないかと提案している。これにより、出生率や他のARTにおけるアウトカムが向上する可能性がある。

胚移植前の注入は心強い技術に思えるが、その有効性と安全性については、アウトカムに関する利用可能なエビデンスがあまりないため、現在も論争の的となっている。今回のコクランレビューでは、関連するエビデンスをまとめた。私たちは、結論を可能な限り強固なものにし、エビデンスの限界を明らかにすることも目指した。

研究の特性

コクラン婦人科・不妊グループ情報の専門家と相談し、標準的な医療データベースの包括的な文献検索を行った。検索期間は、各データベースの最も早い記録から2019年12月までとした。胚移植前に、IVFまたはICSIを行った周期中の胚培養上清の子宮内膜注入の有効性を、他の介入または介入なし(通常のケア)と比較検討したすべてのランダム化比較試験(RCT:無作為な方法で参加者を治療群に割り付けた研究)を検索した。IVFとICSIは、ARTにおける主要な技術である。言語や研究が実施された国に関係なく研究を検索した。2人のレビュー執筆者が独立して研究を選択・評価し、データを抽出し、データが不足している場合は研究の著者に連絡を試みた。526人の女性が含まれる5件の研究が、我々のレビューの包含基準を満たしていた。進行中の試験はなかった。

主要な結果

胚移植前に胚培養上清の子宮内膜注入をルーチンとして行うことが、通常のケアと比較して、出生率・妊娠継続率の改善や流産率に対し、ARTを受ける女性にとってポジティブな効果があるかどうかは不明である。通常のケアでは出生率や妊娠継続率は42%であったのに対し、上清を注入した場合は35~55%とばらつきがあることが分かった。流産のリスクは通常のケアでは9%、注入群では4~15%であった。臨床妊娠率、多胎妊娠率、異所性妊娠率に対しても、早産や胎児の異常と同様、同じような結論が得られた。我々のレビューに含まれたRCTでは、その使用による明確な有益性を示したアウトカム指標は1つもなかった。また、胚移植前に培養液を子宮内に注入するのと比較して、胚を培養した培養液の上清を子宮内膜に注入する方法をルーチンで実施することを支持するエビデンスも不十分であった。

エビデンスの質

ほぼすべての結果について、エビデンスの質は低いか、極めて低かった。胎児異常に関するエビデンスの質は低かった。含まれたRCTの主な限界となる事項は、報告された研究方法が不十分であること、含まれた研究の特徴に大きなばらつきがあること、研究数が少なく、報告されたイベント数が少ないために統計学的に不正確であることであった。

訳注: 

《実施組織》杉山伸子 小林絵里子 翻訳[2020.11.24]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD013063.pub2》

Tools
Information
Share/Save