分娩時の疼痛管理のための鍼療法または指圧

治療および指圧は、分娩中の痛みを和らげるかもしれないが、より多くの研究が必要とされる。

陣痛は時に激しく、女性の緊張、不安や恐怖が分娩および出産の経験に影響を与えるため、悪化するかもしれない。多くの女性が疼痛管理に薬または侵襲的な方法を使用しない分娩を希望するため、疼痛管理の代替療法に目を向ける。女性1986名について報告した13件の試験のレビューは、鍼治療および指圧が、陣痛緩和の助けとなる可能性を認めた。1件または限定数の試験が、鍼治療プラセボまたは標準ケアとを比較して、より少ない激痛、痛みの緩和による満足度の向上、鎮痛剤使用の減少を報告した。指圧もまた、疼痛強度を減少させた。鍼治療は、体内エネルギーの不均衡を正すために、身体の異なる部位に細い鍼を刺入する。介入は、独立した治療(6件の試験)として、出産予定日に行われた。大多数の試験では標準化された経穴を使用したが、刺激方法、刺入の持続時間、使用した経穴の数、刺入の深さ、および試験の持続時間は様々であった。

著者の結論: 

治療および指圧は、疼痛軽減、疼痛管理の満足度向上および薬理学的管理の使用削減に役立つ可能性がある。しかし、さらなる研究が必要である。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

多くの女性は分娩時の疼痛管理に薬理学的方法または侵襲的な方法を避けたいと願う、このことは疼痛管理の補完的な方法の普及に貢献するかもしれない。本レビューは、分娩時の疼痛管理のための鍼治療と指圧の使用を裏付けるエビデンスを検討した。

目的: 

分娩時の疼痛管理のための鍼治療と指圧の効果を検討するため

検索方法: 

我々は、Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Register and The Cochrane Complementary Medicine Field's Trials Register(2010年10月)、Cochrane Central Register of Controlled Trials(コクラン・ライブラリ2010年、4号)、 MEDLINE (1966年から2010年10月まで)、CINAHL (1980年 から2010年10月まで)を検索した。

選択基準: 

分娩時の疼痛管理において、鍼治療および指圧とプラセボ、無治療または非薬理学的な方法とを比較した、発表済みおよび未発表のランダム化比較試験我々は、自然分娩または誘発分娩の、初産婦または多産婦の、すべての女性を対象とした。

データ収集と分析: 

我々は、二値アウトカムにリスク比(RR)、連続アウトカムに平均差(MD)を用いてメタ分析を行った。評価項目は、疼痛強度、疼痛緩和の満足度、薬理学的疼痛緩和の使用、リラクゼーション、帝王切開率、オキシトシンの増強、分娩の長さ、不安を対象とした。

主な結果: 

女性1986名について報告したデータを含む13件の試験を対象とした。9件の試験は鍼治療を報告し、4件の試験は指圧を報告した。鍼治療は、無介入と比較してより激痛が少ないことが認められた(標準化平均差(SMD)-1.00、95%信頼区間(CI)-1.33〜-0.67、1件の試験、女性163名)。1件の試験は、プラセボ対照と比較して疼痛緩和の満足度が増加した(RR 2.38、95%CI 1.78〜3.19、女性150名)。1件の鍼治療試験において、プラセボと比較して薬理学的鎮痛剤使用の減少が認められた(RR 0.72、95%CI 0.58〜0.88、女性136名)、しかし標準的ケアと比較して有意な異質性が認められた(RR 0.68、95%CI 0.56〜0.83に、3件の試験、女性704名)。鍼治療において、標準的なケアと比較してより少ない器械分娩が認められた(RR 0.67、95%CI 0.46、0.98、3件の試験、女性704名)指圧群において、プラセボ対照と比較して、疼痛強度の減少が認められ(SMD -0.55、95%CI -0.92〜-0.19に、1件の試験、女性120名)、複合対照と比較して疼痛強度の減少が認められた(SMD -0.42、95%CI -0.65〜-0.18、2件の試験、女性322名)。すべての品質ドメインでバイアスのリスクが低いと評価された試験はなかった。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2018.3.13]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。
 CD009232

Tools
Information
Share/Save