青年期の精神病に対する心理学的介入

レビューの論点

思春期の精神病患者に心理学的介入は有効で安全なのか?心理学的介入の違いによる効果の違いはあるか?

背景

精神病は、妄想(誤った信念)、幻覚(他人が見ていないものを見たり聞いたりする)としての思考や知覚の変化によって特徴づけられる精神疾患であり、思春期に起こることがある。このような場合、若者は精神保健の専門家に診てもらう必要があり、その専門家はしばしば薬を処方する。しかし、精神病の思春期の子どもたちは、薬物療法とともに、認知矯正療法、心理教育、家族療法、集団心理療法など、年齢に応じた心理療法(会話療法)の恩恵を受けている可能性が高い。これらの介入は、仲間との統合などの社会的・心理的需要に対応し、スティグマや排除に対処することができる。我々は、ランダム化比較試験のデータを用いて、精神病の若年者に対するこれらの介入の効果を検討した。

検索

コクラン統合失調症グループの情報専門家は、2016年5月と2019年3月に、精神病を持つ青年期の患者を様々な治療群に無作為に割り付けた試験について、コクラン統合失調症グループの試験登録サイトを検索した。治療群としては、心理的介入(通常の治療の有無にかかわらず)、薬物療法単独、通常の治療、その他の心理的介入(通常の治療の有無にかかわらず)のいずれかを含む。

見つかった試験

このレビューには、世界各地で実施された7つの試験のみが含まれている。これらの試験では、様々な異なる心理学的介入を通常の治療と比較したり、他のタイプの心理学的介入と比較したりしており、アウトカム指標も異なっていたため、一つの研究と他の研究を比較することは困難であった。我々は、これらの治療法が全体の状態、精神状態、副作用、認知機能、全体的な機能、サービスの利用、試験からの早期脱落の7つの主要アウトカムに及ぼす影響に関心を持っていた。評価対象となった研究では有害作用の報告は認められなかった。

結果

心理学的介入(PI)の絶対的効果(PI、PIと通常の治療(TAU)との比較)

報告されているデータを分析した結果、認知矯正療法(CRT)は短期記憶(認知機能)の改善には役立つかもしれないが、精神状態の改善には通常通りの治療の方がCRTよりも優れている可能性があることが示唆された。集団療法は、全体的な状態を改善するためにも有効かもしれない。主要アウトカムに関する他のすべての解析では、PIはTAUと比較してほとんど効果がないか、あるいは全く効果がないことが示された。

PIの相対的な効果(あるタイプのPIと別のタイプのPIの比較)

我々の分析では、異なるタイプのPI間に実質的なは見られなかった。

結論

心理学的介入の中には、選択された結果に対して有益な効果をもたらすものもあるかもしれないが、全体的にはほとんどの結果はほとんど効果がないことを示唆している。しかし、私たちの結果はすべて、参加者数の少ない非常に少数の研究からのデータに基づいている。また、これらの研究で用いられている方法にも懸念がある。したがって、これらの知見の信頼性にはかなりの不確実性がある。このエビデンスに基づいて確固たる結論を出すことはできない。更なる適切に実施されたランダム化試験が必要である。

訳注: 

《実施組織》阪野正大、小林絵里子 翻訳[2020.10.12]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD009533.pub2》

Tools
Information
Share/Save