分娩第3期における予防的オキシトシンの筋肉内投与と静脈内投与の比較

この日本語訳は最新版ではない。英語の最新版をご覧になるにはここをクリックしてください。
著者の結論: 

経膣分娩後の多量出血を予防する目的で、筋肉内および静脈内投与されるオキシトシンの相対的ベネフィットとリスクを評価するような、ランダム化試験によるエビデンスは得られない。経膣分娩後にオキシトシンを予防投与する経路が母体または乳児のアウトカムに影響するかどうかを検討するには、デザインが適切で、サンプル・サイズが十分なランダム化試験が必要である。このような試験の規模は、観察研究で報告された重大な副作用において臨床的に重要な差を検出し、また母親や医療従事者にとって重要なアウトカムとして介入の利用可能性を考慮できるほど十分大きなものとすべきである。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

筋肉内か静脈内で投与したオキシトシンのどちらか一方が、分娩後出血の抑制に有効であるという一般的な合意がある。しかし、これらの投与経路の作用機序の間にあるわずかな違いが、母体や乳児のアウトカムに何らかの影響を及ぼすかどうかは不明である。

目的: 

経膣分娩後の分娩第3期の予防的管理目的で筋肉内または静脈内投与したオキシトシンの相対的有効性および安全性を検討する。

検索方法: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group’s Trials Registerを検索した(2011年12月31日)。

選択基準: 

経膣分娩後の分娩第3期の予防的管理として、オキシトシンの筋肉内投与を静脈内投与と比較したランダム化試験。準ランダム化試験は除外した。

データ収集と分析: 

2名のレビューアが個別に対象となる試験を評価選択し、バイアスリスクを評価し、データを抽出した。

主な結果: 

検索戦略では、対象となる試験が特定されなかったが、進行中の試験が1件特定された。

訳注: 

監  訳: 江藤 宏美,2012.6.19

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Share/Save