複数の慢性疾患を持つ人々の転帰を改善する

背景

世界保健機関(WHO)では、慢性的な状態を「何年もまたは何十年もかけて継続的な管理を必要とする健康問題」と定義している。慢性的な健康問題や状態を抱えている人の多くは、複数の慢性的な健康状態を抱えており、これを多疾患罹患multimorbidityと呼んでいる。これは一般的に人々が健康状態の任意の可能な組み合わせを持つことができることを意味するが、いくつかの研究では、条件の組み合わせは、糖尿病や心臓病などの一般的な組み合わせを対象とするように事前に定義されている。これらのタイプの研究を「併存症研究」と呼ぶ。多疾患患者の転帰を改善するための介入の有効性についてはほとんど知られていない。このレビューは、以前に発表されたレビューの更新である。

レビューの論点

本レビューの目的は、プライマリケアおよび地域社会の環境において、多疾患患者の臨床的および精神的健康のアウトカム、および健康関連のQOL(生活の質)を含む患者報告アウトカムを改善するための介入の有効性に関する既存のエビデンスを特定し、要約することであった。

研究の特徴の説明

2015年9月までの文献を検索したところ、一般的によく計画された17件のランダム化比較試験が適格基準を満たしていることが判明した。これらの研究のうち9件は、糖尿病や心臓病などの特定の健康状態の組み合わせ(併存症研究)に焦点を当てたものである。他の8つの研究では、高齢者に焦点を当てた研究が多かったが、幅広い条件の人が含まれていた(多疾患研究)。一部の研究では、より患者に焦点を当てた介入が行われていたが、大多数の研究では、ケア提供の組織の変更を伴う介入が検討されていた。すべての研究の資金源は、政府または慈善団体であった。

主な結果

介入の有効性に関する結果は全体的にまちまちであった。臨床転帰、医療サービスの利用、服薬アドヒアランス、患者関連の健康行動、医療従事者の行動、費用には明らかな改善は見られなかった。うつ病患者を対象とした7件の研究では、精神衛生のアウトカムに中等度の改善がみられた。これらの転帰を報告した研究では、介入によって機能的転帰が改善される可能性があることが示された。.全体的に見ると、複数の疾患を持つ人の転帰を改善することは難しいという結果であった。レビューでは、特定のリスク因子をターゲットにした介入(例えば、うつ病の治療)の方が効果的である可能性が示唆されている。このテーマについては、特に年齢層を超えて一般的に多疾患の人々を巻き込んだ更なる研究が必要である。

エビデンスの質

対象として選んだ試験はいずれもランダム化比較試験であった。これらの研究の全体的な質は良好であったが、多くの研究ではバイアスの原因となる可能性のあるすべての情報源について十分な報告がなされていなかった。多疾患の定義は研究によって異なるため、研究結果を合理的に組み合わせて全体的な結論を導き出す可能性は限られている。全体的に、本レビューの結果に対する確実性や信頼性は中等度であると判断したが、研究数が少なく、結果が混在しているため、不確実性が残っており、今後の研究で結論が変わる可能性があることを認識している。

訳注: 

《実施組織》阪野正大、冨成麻帆 翻訳[2021.02.23]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD006560.pub4》

Tools
Information
Share/Save