進行性卵巣上皮癌女性患者に、手術前の化学療法を行うことによって生存または生活の質が改善するか

論点
卵巣の表面や卵管の内皮(内側)から生じる上皮性卵巣癌は、世界の女性で7番目に多い癌であり、卵巣癌の中で最も多い(卵巣癌の約90%)。残念ながら卵巣癌女性患者の大半が、腹部全体に癌が拡がる進行期で見つかる。これは、卵巣がんが卵管の末端から生じることが多く、原発腫瘍(訳注:はじめに生じた癌)が顕微鏡レベルであっても癌細胞が腹腔内に脱落しうるためである。これらの細胞は腹水に混じって腹腔内を循環し、他の部位の表面に移植されて時間をかけて成長し、症状を引き起こす。腹部膨満感や消化器障害(最も多いのは便秘である)のような症状は非特異的であり、より一般的な良性疾患に起因しやすい。欧州では、卵巣癌と診断後された女性患者のうち、5年後に生存しているのは3分の1超にすぎない。

卵巣癌の従来の治療には、手術と化学療法の2つの方法が含まれる。手術の目的は病期を決定し(癌がどこまで拡がっているか評価する)、肉眼的な(目に見える)癌をできる限り減らすことである(腫瘍縮小手術または減量手術として知られる)。腹腔内に肉眼的な腫瘍が残らないようにするのが望ましい。しかし、大半の患者では癌が拡がっているために手術だけで癌を治癒させることはできず、化学療法という形で追加の治療が必要である。卵巣癌の化学療法では、手術で除去できなかった腫瘍(肉眼的病変)や小さすぎて見えない癌細胞(顕微鏡的病変)を治療するために白金ベースの薬剤を用いる。 従来の方法では化学療法は手術後に行っていた。しかし化学療法は、癌を縮小させて癌の除去を容易にすることを目的に、手術前に用いることも可能である。ネオアジュバント化学療法(NACT)およびインターバル腫瘍減量手術(IDS)とも呼ばれる。

実施したこと
電子データベースの検索日は、2019年2月11日である。 進行期上皮性卵巣癌に対するネオアジュバント化学療法(NACT)とインターバル腫瘍減量手術の組み合わせと、従来の手術および術後化学療法(一次的腫瘍減量手術(PDS))を比較したランダム化比較試験を対象とし、可能な場合にはプールされたアウトカムのデータを含めた。

わかったこと
候補となった論文は1952本あった。これらのうち、基準に合う研究は5件あり、1713例の進行卵巣癌患者が含まれていた。プールされたデータは4つの研究から得ることができた。これらの研究は、手術の前に化学療法を受けた(NACT)患者と、化学療法に先行して最初に手術を受けた患者(PDS)とを比較していた。死亡するまでの期間や病気が進行するまでの期間について、二つの治療の間にはほとんどあるいは全く違いを認めなかった。NACTを行うことが、手術の合併症のリスクを減少させる可能性が認められたが、これらのデータはよく報告されていないために確実性が低い。研究の対象となった患者はステージIIIcまたはIV期の卵巣癌、すなわち進行癌の患者であり、このレビューの対象となった患者の多くが非常に量の多い腫瘍を有していた。現在、2件の研究が進行中であり1件の研究の結果が未発表である。今後この分野の臨床を導くさらなるエビデンスに貢献することが期待される。

結論
全体を通じて、エビデンスは中程度の確実性を持っていた。進行上皮性卵巣癌の患者について、手術療法と化学療法と両方実施することが計画されていれば、いずれを先に行ったとしても生存期間については違いがない。NACTは手術のリスクを一部軽減し、消化管切除や人工肛門(腸を腹壁から出して、腹壁につけた袋で弁を回収する仕組み)のリスクを半減させる可能性がある。ステージIIIcまたはIV期で大きな腫瘍を有する女性においては、NACTとIDSの組合せはPDSおよび術後化学療法を代替する選択肢となる。個々の例についてどちらの治療を先に行うかについての決定は、個々の患者の希望、診断時の状態、手術のリスク、病気の負担と分布に因る。

訳注: 

《実施組織》内藤未帆、杉山伸子 翻訳[2019.11.21]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 
《CD005343》

Tools
Information
Share/Save