郵送・電子アンケートの回答数を増やす方法

郵送アンケートや電子アンケートは、研究目的のために人々から情報を収集するための比較的安価な方法である。返事をしない人(いわゆる「非回答者」)が存在した場合は、調査結果の精度が低くなりがちである。このシステマティックレビューでは、回答数を高めるためのいくつかの方法が発見された。郵送のアンケートを送る前に回答者に連絡を取ることができる。郵便アンケートは、第一種郵便または記録郵便で送ることができ、切手を貼った返信用封筒を用意することができる。アンケートや手紙、電子メールは、より個人的なものにすることができ、できれば短くしておくことが望ましい。インセンティブは、例えば、郵便のアンケートで少額の金額を提示することができる。返信のない人には、アンケートのコピーを添付してリマインダーを1通以上送ることができる。

訳注: 

《実施組織》 阪野正大、迫田季也 翻訳[2020.08.24]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《MR000008.pub4》

Tools
Information
Share/Save