職場での健康増進プログラムに歩数計が含まれていると、人々の身体活動は増加するか?

要点

全体として、歩数計を含む職場の健康増進プログラムが、特に長期的に人々の身体活動に影響を与えているかどうかを示す十分なエビデンスはない。

歩数計とは?

歩数計は、人の歩数をカウントする小型の携帯用電子機器だが、加速度計とは異なり、強度の記録がない。歩数計は、毎日の歩数をフィードバックすることで、人々に身体活動の増加を促すことを目的としている。

このレビューの実施理由

ほとんどの人は十分な運動をしていない。世界保健機関(WHO)によると、30分間の中強度の身体活動をほぼ毎日行うことで、心血管疾患、糖尿病、およびいくつかの癌の発症リスクを減らすことができる。私たちは、歩数計の装着を伴う職場の健康増進プログラムが、人々の身体活動を増やす動機付けになるかどうかを調べたいと考えた。

実施したこと

勤労者の健康増進のために歩数計を使用した職場プログラムの研究を検索した。個人の受ける介入が無作為に決められているランダム化比較試験を検索した。

調査期間2016年12月までに公表されたエビデンスを含めた。

検索結果

高所得国を中心に、オフィスから建設現場まで、さまざまな職場で働く4762人を含む14件の研究が見つかった。すべての研究において、歩数計は、ウォーキンググループ、カウンセリング、食事指導などの他の構成要素を含む健康プログラムの一部であった。研究は、歩数計プログラムへの参加の効果を、次のプログラムと比較していた

①身体活動の利点に関した定期的なアドバイスなどの、健康プログラムを全く受けていないか、または最小限にとどめている。

②歩数計を含まない他の健康プログラムに参加していた。

プログラムの期間は2週間から2年間で、評価はその後も3ヶ月から10ヶ月間行われた。

私たちは、歩数計が身体活動と健康に持続的な効果を持っていたかどうかを確認することに最も関心があった。私たちはまた、座位行動(座って過ごした時間)、心血管疾患や糖尿病の危険因子(血圧、体格指数(BMI)と血液中のコレステロール濃度)、生活の質(幸福)と有害な(望ましくない)効果について知ることに関心があった。

このレビューの主な結果は何か?

健康プログラムがない場合や最低限の健康プログラムがある場合と比較して

①歩数計プログラムは、プログラム終了後少なくとも1ヶ月は身体活動に影響を与えない可能性があるが(6件の研究より)、座位行動を減少させ、人々の幸福度を向上させる可能性がある(1件の研究より)。これらの結果については、ほとんど確実性がない。

②歩数計プログラムは、BMI (体格指数)をわずかに低下させる可能性があるが(3件の研究、低い確実性)、おそらく血圧にほとんどがなく(2件の研究、中程度の確実性)、怪我などの望ましくない影響を減少させる可能性がある(2件の研究、低い確実性)。

プログラム終了から少なくとも1ヶ月後にコレステロールや疾患リスクスコアを測定した研究はなかった。

他の健康プログラムと比較して、

①歩数計プログラムは、プログラム終了から少なくとも1ヶ月後に身体活動に影響を与える可能性があります(1件)が、この結果についてはほとんど確実性がない。

望ましくない効果についての結論を出すことができなかった。座位行動、BMI、血圧、コレステロール、心血管疾患リスクと幸福度への影響については、エビデンスが十分ではなかった。いくつかの効果は見られたが、結果は一貫していなかった。

結論

運動プログラムは勤労者の身体活動と健康にポジティブな効果をもたらす可能性があるが、歩数計プログラムが他のタイプの健康プログラムよりも優れているかどうかや、特に行動の長期的な変化を達成するためにはどうかを確かめるのに十分信頼できるエビデンスは見つからなかった。

結果は少数、場合によっては1つの研究から報告されているため、エビデンスは不十分である。ほとんどの研究では、対象者はどの研究グループに所属しているかを知っており、それが結果に影響を与えている可能性がある。研究終了前に脱落した人が多く、十分な結果が得られなかった。一部の研究では、私たちが興味を持っている項目については結果を報告していなかったり、プログラム終了後も効果が維持されているかどうかを評価・評価していないものもあった。

歩数計は加速度センサーやスマートフォンアプリなど、より高機能なものに大きく置き換えられてきているため、このレビューは今後更新する予定はない。

訳注: 

《実施組織》榛葉有希 翻訳、迫田季也 監訳[2020.08.24]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD009209.pub3》

Tools
Information
Share/Save