職場での手肌の炎症を防ぐための治療法

レビューの論点

このレビューでは、手の皮膚に炎症を発症するリスクのある従業員に対するバリアクリーム、保湿剤、手袋、教育プログラムの効果に関する利用可能なエビデンスを評価することに着手した。我々は9件の研究を見出した。手袋による保護は調査されていなかった。本レビューのエビデンスは2018年1月17日現在のものである。

背景

職業性刺激性手指皮膚炎(OIHD)とは、特定の職業に就いている者の手に発症する皮膚疾患である。最初の兆候は、指間膜(指と指の間にある膜状の部分)と手の甲に出現する赤くてうろこ状の皮疹である。かゆみを伴う水ぶくれや痛みを伴うひび割れ、感染症の可能性もあるが、最終的には皮膚が厚くなる(肥厚)。

手肌の炎症は、水、洗剤、化学物質、その他の刺激物と定期的に接触する職業の者や、勤務中に手袋を着用する者に影響を与える可能性がある。特に危険性が高いのは、美容師、看護師、清掃員、建設業者、染料、印刷、金属、食品産業で働く人たちである。この病気は珍しくなく、1年間にフルタイム労働者1万人のうち約5~20人が罹患している。OIHDは一度発症すると完治することが難しいため、発症を防ぐことが重要である。

研究の特性

本レビューでは、16~67 歳の男女労働者 2888 名を対象とした 9 件の研究が含まれている。研究には、金属労働者、染色・印刷工場の労働者、豚の屠殺場の腸内清掃員、清掃員・厨房作業員、病院の従業員、美容師見習いなど、いくつかのタイプの労働者が含まれていた。しかし試験が少なすぎて、これらの職種で予防策が等しく有効かどうかを調べることができなかった。研究継続期間は4週間から3年までであった。

主な結果

予防策の中には、手肌の炎症のリスクを減らすことができるものもある。しかし、これを確実なものとするには、あまりにも研究が少なすぎた。研究の内容が違いすぎて意味のある統合ができず、結果が不正確すぎた。したがって、私たちの結果にはまだ議論の余地がある。

各種バリアクリーム、保湿剤、皮膚保護教育プログラムを調査した。バリアクリームを使用することで、OIHDを発症するリスクをわずかに減らすことができる可能性がある。この結果は4つの研究に基づいている。これらの研究では、バリアクリームを塗った人の29%が炎症を発症した。バリアクリームを塗らなかった対照群では、33%が炎症を発症した。3つの研究の結果、保湿剤は有用な量を使用した場合、OIHDを発症するリスクを低減させる可能性があることが明らかになった。保湿剤を使用した人の13%が炎症を発症したのに対し、保湿剤を使用しなかった人は19%が発症した。2つの研究ではバリアクリームと有用な量の保湿剤を組み合わせて使用した場合、OIHDを発症するリスクを低減させる可能性があることが明らかになった。保湿剤やバリアクリームを使用した人の8%が炎症を発症したのに対し、対照群では13%が発症した。3つの研究に基づいて、皮膚保護教育がOIHDの発症リスクを低下させるかどうかは不明である。これらの研究では、皮膚保護教育を受けた人の21%が手肌の炎症を発症したのに対し、対照群では28%であった。

これらの安全性および忍容性については、これらの試験では系統的には取り上げられていなかった。しかし、治療に対する重篤な反応は報告されていない。肌のかゆみや赤みなどの軽度の反応は、バリアクリームや保湿剤を塗った人の中ではごく少数の人にしか報告されていなかった。手肌荒れの対策では、おそらく重篤な副作用はほとんどないか、全くないと思われる。

エビデンスの質

バリアクリーム、保湿剤、またはその両方の組み合わせでは、OIHDの予防に関するエビデンスの質が低かった。情報が不足しており、手指皮膚炎の評価は研究の間で異なっていた。

教育プログラムについては、手の皮膚刺激予防に関するエビデンスの質は非常に低かった。情報が十分ではなく、手指皮膚炎の評価は各研究で異なっており、いくつかの重要な点で研究の実施状況が悪かった。

もう一つの重要なアウトカムである治療法の安全性と忍容性については、間接的な結果しか得られなかったため、エビデンスの質は中程度であった。

訳注: 

《実施組織》小林絵里子 翻訳、阪野正大 監訳[2020.07.27]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD004414.pub3》

Tools
Information
Share/Save