脳卒中を対象とした海洋由来脂肪酸療法

レビューの論点
脳卒中を対象とした海洋由来オメガ-3脂肪酸の、短期(3カ月以下)および長期(3カ月以上)経過観察後の効果を評価すること

背景
脳卒中は、脳の血管に起因する疾患群を意味する。脳卒中は、脳血管の出血または閉塞によって生じ、脳細胞機能が失われる。一過性脳虚血発作(Transient ischaemic attack :TIA)は「軽度脳卒中」ともよばれ、脳への血液供給の一時的な中断である。脳卒中は障害を生じる疾患で、通常、長期間の専門治療を必要とし、現在、脳卒中患者のための治療の選択肢は少ない。脂肪分が多い魚に含まれるオメガ-3脂肪酸(エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid :EPA)およびドコサヘキサエン酸(docosahexaenoic acid :DHA))は、脳において重要な機能を果たす。動物研究では、特に非常に早期に投与すれば、脳卒中後の脳細胞を保護するようである。しかし、ヒトにおける脳卒中治療薬としてのEPAおよびDHAの効果は不明である。

試験の特性
脳卒中またはTIA患者が参加した試験を29件同定し、そのうち9件に関連する情報が認められた(参加者の合計は3339名)。3件は短期経過観察(3カ月以下)、6件は長期経過観察だった。3件は海洋由来オメガ3-脂肪酸を通常の治療と比較し、それ以外はプラセボ(偽薬)を用いた。全試験が全アウトカムを評価したわけではなかった。

主要な結果
海洋由来オメガ3-脂肪酸の効果は、脳卒中の回復については不明である。非常に小規模な試験が2件、効果を報告しているが、有意差は認められなかった。1件は、海洋由来オメガ3-脂肪酸による気分の改善は小さいことを明らかにしたが、科学的根拠(エビデンス)の質は低かった。脳卒中またはTIA発症後の血管関連死、脳卒中の再発、有害事象、生活の質に対する海洋由来オメガ3-脂肪酸の効果は不明である。それらを評価した試験の数が少なかったためである。

エビデンスの質
短期経過観察の試験では、回復、再発、他のタイプの脳卒中(出血性または閉塞性)の頻度および有害事象についてのエビデンスの質は非常に低く、血管関連死、生活の質および気分についてのエビデンスの質は低かった。長期経過観察の試験では、脳卒中からの回復についてのエビデンスの質は非常に低く、血管関連死、再発、有害作用および気分についてのエビデンスの質は低かった。長期経過観察の試験では、他のタイプの脳卒中の頻度および生活の質についての報告はなかった。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2019.09.30] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。  《CD012815.pub2》

Tools
Information
Share/Save