アルツハイマー病患者におけるてんかん治療

背景
アルツハイマー病は、高齢者においててんかん発作を増加させる危険因子である。アルツハイマー病においてはあらゆるタイプのてんかん発作が起こり得るが、おそらく過少評価されている。

研究の特性
複数の科学的データベースでアルツハイマー病患者のてんかんに対する薬物療法と非薬物療法を比較した臨床試験を検索した。治療効果の評価と副作用の有無についての検討を目的とした。

主な結果
私たちは、95人の参加者による1件のランダム化比較試験(参加者が1つまたは2つ以上の治療群に無作為に割り当てられる臨床研究)を含め、分析した。発作がなかった参加者の割合に関して、抗てんかん薬を使用している各群間(レベチラセタム対ラモトリギン 、レベチラセタム対フェノバルビタール、ラモトリギン対フェノバルビタールのそれぞれを比較した臨床試験)で有意は認められなかった。レベチラセタムは思考に関する認知機能を改善し、ラモトリギンは抑うつを緩和するようであったが、一方でフェノバルビタールとラモトリギンは認知機能を低下させ、レベチラセタムとフェノバルビタールは気分を悪化させたようであった。

エビデンスの質
研究のエビデンスの質は非常に低度であり、結果は慎重に解釈されるべきである。アルツハイマー病患者のてんかん治療における有効性と忍容性を判断するには、大規模なランダム二重盲検並行群間比較試験が必要である。

研究のエビデンスは、2018年7月までのものである。

訳注: 

《実施組織》冨成麻帆、 木下恵里 翻訳[2020.08.03] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD011922.pub3》

Tools
Information
Share/Save