冬季うつ病予防のための心理的治療

このレビューの重要性は?

北部地方に住む多くの人々が、太陽光の減少に対する反応として起こる季節性感情障害(SAD)に悩まされている。罹患した人の4分の3は女性で、嗜眠、過食、炭水化物を過剰に欲しがること、抑うつ気分などの症状がよく見られる。SADが日常生活に深刻な影響を及ぼすようなうつ病になる人もいる。最大で3分の2の患者が、毎年冬にうつ症状を経験する。

このレビューは誰の参考になるか?

SADを経験した人や、SADを経験した親戚や友人がいる人、この分野で働く研究者などが、このレビューに関心を持つだろう。

このレビューでわかることは?

SADの季節性が予測できることによって、SADを予防する機会を得ることが期待される。しかしながら、SADを予防するための介入の有効性と起こりうる悪影響については、ほとんど知られていない。本レビューは、SADを予防するための介入の有効性と副作用を検証するために行われた4つのレビューのうちの1つである。このレビューでは、SADの既往があり、予防的介入の開始時点では症状のなかった人を対象に、予防的介入として行われた心理的治療に焦点を当てている。

このレビューで対象となる研究は?

データベースを用いて、2018年6月19日までのSAD予防のための心理的治療に関する研究を検索した。3745件の報告のうち、マインドフルネス認知療法(MBCT)と呼ばれる心理的治療か、通常治療のいずれかを受けた46名に関するランダム化比較研究1件が見つかった。通常治療では、参加者は予防的治療は何も受けず、最初のうつ症状が現れたら光療法を受けるよう勧められた。この研究の参加者はすべて、冬季うつ病の既往があるが、研究開始時点ではうつ症状がない人達であった。

本レビューのエビデンスから何がわかるか

次の冬にうつ病を発症した参加者の割合は両群で同程度であり、うつ病エピソードの重症度も同程度であった。しかし、エビデンスの質は非常に低く、MBCTがSADの予防において本当に効果がないかどうかの明確な結論を導くことはできなかった。レビューに含まれた研究には、介入による副作用に関する情報は報告されていなかった。医師は、MBCTや他の心理療法、薬物治療、生活習慣への介入など、冬季うつ病の予防的治療となりうる治療法について、その長所と短所を患者と話し合う必要がある。これらの治療について比較した研究が見つからないことから、治療法の選択は、患者の意向とエビデンスのあるその他の予防的介入に基づいてなされるべきである。

次に何をすべきか

SAD予防の最も望ましい治療オプションを明らかにするためには、今後、SAD予防の異なる心理的介入の有効性を評価するためのより大規模な試験が必要であり、またそれらの介入を、光療法や抗うつ剤、アゴメラチンなど他の予防的治療と直接比較することが必要であるとレビュー著者らは述べている。

訳注: 

《実施組織》瀬戸屋希、増澤祐子 翻訳[2019.9.8]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 
《CD011270》

Tools
Information
Share/Save