糖尿病妊婦に対する運動

著者の結論: 

糖尿病妊婦を運動プログラムに参加するように勧めるエビデンスも参加しないように勧めるエビデンスも十分でない。この介入を評価するには、妊娠糖尿病の女性と、できれば1型と2型糖尿病の女性も組み入れたサンプルサイズの大きい試験がさらに必要である。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

妊娠における糖尿病は母親にも新生児にも好ましくない転帰をもたらすことがある。血糖コントロールを改善するためのその他の戦略として運動が提案された。糖尿病が合併した妊娠中の運動の効果を評価する必要がある。

目的: 

糖尿病妊婦において、運動プログラム単独の場合または他の療法と組み合わせた場合の周産期の母体の疾患状態と血糖をコントロールするためのインスリンの処方頻度への影響を、特定のプログラムがない場合または他の療法と比較して評価する。さまざまなタイプの運動プログラムの周産期の母体の疾患状態への効果を比較する。

検索方法: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Register(2005年12月31日)を検索した。

選択基準: 

糖尿病妊婦における運動が周産期のアウトカムと母体の疾患状態に及ぼす影響を評価しているすべての既知のランダム化比較試験

データ収集と分析: 

本レビューに含むための基準と方法論的質に合致した適切な研究を評価した。3名のレビューアがデータを要約した。すべてのデータ解析には、intention-to-treatの原則に基づいてデータを入力した。二値データに対し相対リスクと95%信頼区間を計算した。

主な結果: 

妊娠糖尿病の妊婦114例を組み入れた4件の試験を本レビューに含めた。1型糖尿病と2型糖尿病の妊婦は除外した。女性は妊娠後期に募集され、介入は約6週間実施された。プログラムは一般に週3回の20分から45分の運動で構成された。評価したすべてのアウトカムについて、運動と他のレジメのあいだで有意はなかった。

訳注: 

監  訳: 2006.10.7

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Tools
Information
Share/Save