脳卒中患者の日常生活動作に対する反復末梢磁気刺激(repetitive peripheral magnetic stimulation:rPMS)

レビューの論点
反復末梢磁気刺激(repetitive peripheral magnetic stimulation:rPMS)は脳卒中後の人々の日常活動を向上させるのに有効であるか?

背景
脳卒中は障害の最も一般的な原因であり、血栓が 脳の血管に詰まったときに発生する。脳卒中には2つのタイプ、血流低下による虚血性のものと出血に伴う出血性のものがある。脳卒中後の上下肢麻痺は入浴、更衣、歩行などの日常生活動作に問題を生じさせる。片側不全麻痺の脳卒中患者は、上下肢のトレーニング、日常生活の動作を中心にした運動、そして歩行補助用具の調整(適切な杖の選択など)といった身体のリハビリテーションが必要である。しかし、有用な治療法は現在限られている。rPMSは無痛の刺激方法で、脳または神経障害患者の動作を改善するため使用されている。

試験の特性
合計121例が参加したrPMSの試験を3件(ランダム化比較試験2件、クロスオーバー試験1件)特定した。1つの研究はrPMSと擬似刺激(微弱な刺激または音のみの刺激)との比較をしていた。2つの研究はrPMSとリハビリテーションの併用療法とリハビリテーション単独とを比較していた。

主要な結果

脳卒中後の日常生活動作、筋力、上肢機能、痙縮(筋緊張異常)に対する反復末梢磁気刺激の効果に関しては限られたエビデンスしか見つからなかった。rPMSとリハビリテーションの組み合わせは、リハビリテーション単独に比べ、肘の痙縮を少し軽減させてはいたが、体のどこにどのような刺激方法を用いるのが良いのかについては明らかにできなかった。下肢機能に関する情報は見つからなかったし、死亡に関する報告もなかった。

エビデンスの質

サンプルサイズ不足を主な理由としてエビデンスの質は低いものと判断した。適切な刺激プロトコールを決定するためにも更なる大規模な臨床研究が必要である。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2018.12.25] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 【CD011968.pub2】

Tools
Information
Share/Save