子宮筋腫に対する鍼療法

現在まで、ランダム化比較試験数が足りないため、子宮筋腫に対する鍼治療の有効性を示す信頼性のある証拠はない。

著者の結論: 

子宮筋腫の管理に対する鍼治療の有効性は不明確である。子宮筋腫に対する鍼治療の有効性と安全性を確立するためには、さらなるエビデンスが必要である。長期間の追跡を行う適切にデザインされたRCTが引き続き必要である。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

子宮筋腫(UF)は子宮筋内の良性腫瘍で、出産可能年齢の女性の30%に認められる。子宮摘出術を除いて、子宮筋腫の女性に対する有効な内科的および外科的治療はない。鍼治療は古代中国の治療法で、3000年以上前から病気の予防および治療に用いられてきた。UFに対する鍼治療はさまざまな方法があり、身体への鍼治療が最もよく用いられている。UFの管理に対する鍼治療の利益または有害性を報告した文献は、未だ系統的レビューがなされていない。。

目的: 

子宮筋腫の女性に対する鍼治療の利益または有害性を検討する。

検索方法: 

2009年5月21日、下記の電子データベースを検索した。Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)、 MEDLINE、EMBASE、AMED、Menstrual Disorders and Subfertility Group's Specialised Register of Trials、Chinese Biomedical Literature Database (CBM)、Traditional Chinese Medical Literature Analysis and Retrieval System (TCMLARS)、Chinese Medical Current Contents (CMCC) and China National Knowledge Infrastructure(CNKI)引用リスト、専門家の意見、灰色文献も参考にした。言語による制限は設けなかった。

選択基準: 

子宮筋腫に対する鍼治療と、プラセボ治療、無治療、中薬、西洋薬、または他の治療を比較したすべてのランダム化比較試験(RCT)を対象とした。伝統的または現代的な鍼治療で、刺激源(例えば、体鍼、電気鍼、頭皮鍼、長鍼、火鍼、手鍼、毫鍼、灸)を問わなかった。刺入しない鍼治療は除外した。

データ収集と分析: 

2名のレビュー著者が本優先基準に基づき、バイアスのリスクを評価した。本レビューのバージョンで対象とした試験がなかったため、データを得られなかった。

主な結果: 

選択基準を満たす二重盲検ランダム化比較試験はなかった。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2018.2.28]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 
CD007221 Pub2

Tools
Information
Share/Save