喘息の人に対する吸入ステロイドと比較した抗ロイコトリエン薬

喘息発作では、筋攣縮(気管支攣縮)、炎症(腫脹)および粘液分泌痰のため、気道(肺への通り道)が狭くなる。気道が狭くなることにより、呼吸の異常、笛声音および咳嗽が生じる。吸入ステロイドは、成人および小児喘息において気道の炎症を低減するゴールドスタンダードと考えられている。抗ロイコトリエン薬(5‐リポキシゲナーゼ阻害薬およびロイコトリエン受容体拮抗薬)は吸入ステロイドより有害作用が少ない抗炎症薬である。本レビューでは、抗ロイコトリエン薬は安全であるが、低用量の吸入ステロイドより有効性が低いと示唆された。

著者の結論: 

単独療法として、持続性喘息の成人および小児患者を対象に吸入ステロイドは抗ロイコトリエン薬より優れた効果を示し、その優越性は中等度の気道閉塞患者で特に顕著であった。有効性に基づき、吸入ステロイドの方が単独療法として望ましいという現在のガイドラインの勧告が本結果では支持された。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

抗ロイコトリエン薬(5‐リポキシゲナーゼ阻害薬およびロイコトリエン受容体拮抗薬)は、成人および小児での再発性および/または慢性喘息の管理において吸入ステロイド(ICS)の代替単独療法として投与される。

目的: 

成人および小児喘息患者での単独療法として、吸入ステロイドと抗ロイコトリエン薬の安全性および有効性を比較し、患者および治療の特性が効果の大きさに及ぼす影響についてさらに解明すること。

検索方法: 

MEDLINE(1966~2010年12月)、EMBASE(1980~2010年12月)、CINAHL(1982~2010年12月)、Cochrane Airways Group trials register、Cochrane Central Register of Controlled Trials(2010年12月)、抄録集、レビュー論文と試験の参考文献リストを検索した。抗ロイコトリエン薬製造会社の社員および国際本社に連絡を取った。

選択基準: 

2歳以上の喘息患者を対象に4週間以上の期間で単独療法として抗ロイコトリエン薬を吸入ステロイドと比較しているランダム化試験を選択した。

データ収集と分析: 

2名のレビューアが別々に試験の方法論的質を評価しデータを抽出した。主要アウトカムは全身へのステロイド投与を要す増悪が1回以上発現した患者数であった。副次アウトカムは、入院を要す増悪が1回以上発現した患者、肺機能検査、慢性喘息コントロール指標、有害作用、中止率および生物学的炎症マーカーなどであった。

主な結果: 

65件の試験が本レビューの選択基準を満たした。56件の試験(小児試験19件)からデータを得た(成人総数10,005名、小児総数3,333名)。21件の試験は方法論的質が高く、44件は全文が発表されていた。すべての試験は軽度または中等度の持続性喘息患者を対象としていた。試験期間は、4~52週と多様であった。吸入ステロイドの用量中央値は非常に均一で、極細粒子ハイドロフルオロアルカン‐ベクロメタゾン(microfine hydrofluoroalkane-propelled beclomethasone)200μg/日またはその同等物(HFA-BDP同等物)であった。抗ロイコトリエン薬投与患者の方が全身へのステロイド投与を要する増悪を起こしやすかった[参加者6,077名、リスク比(RR)1.51、95%信頼区間(CI)1.17~1.96]。吸入ステロイドの代わりに抗ロイコトリエン薬投与を受けた患者28名(95%CI15~82)ごとに、全身へのステロイド応急投与を要す増悪患者が1名追加された。効果の大きさは、軽度気道閉塞の患者に比べて中等度気道閉塞患者において有意に大きかった(RR2.03、95%CI1.41~2.91対RR1.25、95%CI0.97~1.61)が、年齢群(成人に対し小児で23%の重み)、抗ロイコトリエン薬使用、介入期間、方法論的質、および資金源による有意な影響は受けなかった。大半の副次アウトカムにおいて吸入ステロイドを支持する有意な群間が認められた。副次アウトカムは、入院を要す1回以上の増悪が発現した患者(参加者2,715名、RR3.33、95%CI1.02~10.94)、ベースラインからのFEV1変化量[参加者7,128名、平均群間(MD)110mL、95%CI140~80]および他の肺機能パラメーター、喘息症状、夜間覚醒、応急薬使用、無症状日、生活の質、両親および医師の満足度などであった。抗ロイコトリエン投与は、喘息コントロール不良による中止リスクの増加に関連していた(参加者7,669名、RR2.56、95%CI2.01~3.27)。吸入ステロイドの代わりに抗ロイコトリエン薬投与を受けた患者31名(95%CI22~47)ごとに、コントロール不良による中止が1名追加された。副作用リスクに両群間で有意はなかった。

訳注: 

監  訳: 尹 忠秀,2012.9.27

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Tools
Information
Share/Save