COVID-19の疑いがない人や医療従事者が抗菌性のうがい薬や点鼻薬を使用すると、エアロゾル発生手技(AGP)を実施する際に、医療従事者を保護できるか?

なぜこの論点が重要か?

COVID-19は、SARS-CoV-2ウイルスによる感染症である。COVID-19に感染した人の多くは軽度から中等度の呼吸器疾患を生じ、中には症状のない人(無症候性感染症)もいる。症状が重く、専門治療や集中治療を必要とする場合もある。

COVID-19は、主に感染者が咳、くしゃみ、会話をしたときに発生する飛沫を介して人から人へと広がる。また、ウイルスの飛沫が付着している表面や物体に触れ、自分の口や鼻を触ることで感染することもある。

COVID-19を持っている人の中には症状がない人もいる。よって、感染している、もしくは感染の疑いがあることが分からない場合がある。しかし、その人たちが他の人に感染を移すことはあるかもしれない。つまり、治療をしている医療従事者が感染症にかかるリスクがある。感染のリスクは、医療従事者が患者に多くの小さな飛沫を生成させる医療手順である「エアロゾル発生手技(AGP)」を行うときに特に高くなる可能性がある。例えば、全身麻酔下で手術を受けている人や、肺疾患で呼吸が困難な人(肺炎など)は、呼吸を助けるために人工呼吸器をつけなければならないことがある。これには、医療従事者が患者の口から気道にチューブを挿入する必要がある。この手順では、多くの小さな飛沫が患者によって生成される可能性がある。同様の飛沫は、歯の穴あけやスケーリングなどの日常的な歯科処置の際に生成されることもある。

患者または医療従事者が抗菌性うがい薬(口をすすぐためのもの)または点鼻薬(鼻にスプレーするもの)を使用することは、COVID-19による感染から医療従事者を保護するのに役立つかもしれない。抗菌性うがい薬や点鼻薬は、ウイルスや細菌などの微生物を死滅させたり、増殖を止めたりする液体である。

他の医療行為と同様に、抗菌性のうがい薬や点鼻薬には、ベネフィットだけでなく潜在的なリスクもある。うがい薬や点鼻薬を使用していると、刺激やアレルギー反応が出たり、嗅覚がなくなったりするなど、様々な好ましくない(副作用)影響が出てくる可能性がある。また、感染から体を守るのに役立つ口や鼻の中の微生物を除去することもある。

我々は、COVID-19感染が知られていない、あるいは疑いのない患者、またはエアロゾル発生手技を行う医療従事者による抗菌性うがい薬や点鼻薬の自己投与のベネフィットとリスクを、研究エビデンスをレビューすることで評価することを目的とした。

エビデンスの検索

私たちの研究チームは、患者や医療従事者が抗菌性うがい薬や点鼻薬を自己投与した場合の効果を、無治療、水、食塩水の使用と比較した研究を医学文献から検索した。

何がわかったか?

このレビューに含めるべき完了した研究、または進行中の研究は見つからなかった。

これは何を意味するのか?

COVID-19感染が知られていない、または疑いのない患者に対してエアロゾル発生手技を行う医療従事者を保護するために、医療従事者または患者が抗菌性うがい薬や点鼻薬を使用することのベネフィットとリスクに関するエビデンスは、現在のところ存在しない。

この重要な臨床上の疑問に答えられるために、今後更なる研究が必要である。

本レビューの更新状況

最後にエビデンスを検索したのは2020年6月1日である。今回のレビューでは、それまでに行われていた研究が対象となっているが、それ以降に作られた可能性のあるエビデンスについては検討されていなかった。

訳注: 

《実施組織》 季律 翻訳、阪野正大 監訳[2020.09.23]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD013628.pub2》

Tools
Information
Share/Save