システマティックレビューに関連する研究を見つけるために参考文献リストを調べる

システマティックレビューとは、1つのトピックに関して入手できる情報をまとめたものである。システマティックレビューのための情報を探す最も一般的な方法は、電子文献データベースを検索することである。重要な情報を見つける機会を増やすために、研究者は雑誌の目次を検索することもできるし、専門家や組織に連絡して、レビューのトピックに関する詳細情報を得ることもできる。もう一つの方法は、関連する研究の参考文献リストをチェックして、これらの参考文献にレビューの対象となる可能性のある他の研究の報告が含まれているかどうかを確認することである。システマティックレビューを行う際には、参考文献リストをチェックすることが時間と資源の有効活用につながるかどうかを見極めることが重要である。

参考文献リストのチェックがシステマティックレビューに有用かどうかを調査した研究は12件あった。これらの研究では、参考文献リストを確認することを通じて、追加する研究をいくつかだけ特定したもの(2.5%:79 件中2 件が追加した研究)から、多くの追加する研究を特定することができたもの(42.7%:260 件中 111 件が追加した研究)まで、様々な結果が報告された。残念ながら、どの研究も参考文献リストのチェックの過程にどれだけの時間とお金が費やされたかを調べておらず、これを見積もることはほとんど不可能であることが示唆された。

残念ながら、私たちの知見は脆弱な情報に基づいている。このデータは、研究者が情報を探すのが困難な状況では、参考文献リストをチェックすることが、関連情報を見落とすリスクを減らすための重要な方法であることを示唆している。

訳注: 

《実施組織》 阪野正大、木下恵里 翻訳[2020.07.22]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクランジャパンまでご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《MR000026.pub2》

Tools
Information
Share/Save