2020年への戦略

どのように取り組むのでしょうか。

『2020年への戦略』では、世界中の健康に関する意思決定の中心にコクランのエビデンスが据えられることを目標としています。

『2020年への戦略』は、この目標の達成のために私たちがどのように取り組もうとしているのかを明確にし、コクランの今後の意思決定に枠組みを与えるものです。同時に、次の10年やそれ以降に迎える戦略的な機会や課題への対応に役立てられます。『2020年への戦略』は、貢献者の世界的なネットワークによって行われる共同作業の結果であり、2020年に向けた組織の集約的ビジョンを表します。そして、組織はその成功を確実なものにするため、貢献者を頼りにしています。

『2020年への戦略』は、4つの主要な目標を達成することを目指しています。焦点および優位性が同じで連結し合う3つの分野(目標1〜3)、組織を強化し、私たちのミッションをサポートすることを目的とした根本的な分野(目標4)からなります。

目標1 エビデンスを提供する

質が高く適切な最新のシステマティックレビューの作成をはじめ、エビデンス(科学的根拠)を統合し、健康に関する意思決定のための情報を提供する。

目標2 私たちのエビデンスを利用しやすくする

世界のどこにいても、だれにとっても、コクランのエビデンスを利用しやすく、役に立つものにする。

目標3 エビデンスを広める

コクランが「エビデンスの拠点」となり、健康に関する意思決定に必要な情報を提供し、私たちの取り組みに対する認識をさらに高め、エビデンスに基づく医療の第一の支持者になる。

目標4 効率的で持続可能な組織を作る

あらゆる人が参加できる多様で透明な国際組織となり、協力者の熱意とスキルを効果的に生かす。また、組織の原則に従い、責任を持って運営し、効率的に管理して、資源を最大限に活用する。

『2020年への戦略』をすべて読むにはここをクリックしてください。

2020年に向けての戦略および2018年の計画・目標についてはこちらをご覧下さい。

Share/Save