第一選択療法が無効であったか、再発した妊娠性絨毛性腫瘍(GTN)に対する抗癌剤治療

この日本語訳は最新版ではない。英語の最新版をご覧になるにはここをクリックしてください。

このレビューでは、第一選択療法が無効であったか、再発した妊娠性絨毛性腫瘍(GTN)の女性に対する抗癌剤治療について検討しました。GTNとは、妊娠後の胎盤組織から生じた癌の一種の名前で、胞状奇胎妊娠から最もよく発生します。奇胎妊娠は、子宮内の胎盤組織の良性異常増殖です。ほとんどは子宮内容除去術(D&C)で治りますが、20%に上る率で悪性になる症例があります。GTNは通常抗癌剤(化学療法)によく反応しますが、これらの薬は毒性があるので、治療の目的は最小の副作用で治癒させることです。GTNの女性に最も適切な治療を医師が選択できるようにするため、特定のリスク因子によって低リスクと高リスクにGTNを分類します。<br /><br />低リスクGTNの化学療法では通常一剤のみ必要ですが、高リスクGTNは複数の薬を併用して治療します。最もよく使用する併用療法は5つの薬からなり、略してEMA/COといいます。血中の妊娠ホルモン(hCG)値を調べて、医師は治療の反応性を評価します。その化学療法が有効でないと考えられる場合は、別の治療(または救済療法)を開始しなければなりません。約25%の症例にこの必要性がみられ、さまざまな併用療法が用いられます。<br /><br />さまざまな救援併用療法のうち、あるとすればどれが最も効果的で毒性が最小か明らかにするため、このレビューを行いました。関連性のある研究をすべて見つけるため、2011年11月までの文献を検索しました。残念ながら、様々な種類の救済療法を比較している良質の研究を見つけることはできませんでした。1つにはこの病気がいくつかの併用化学療法で治る率が高いためですが、この病気はまれなため大規模な研究が困難であることも原因でした。このため、有効性および副作用に関してこれらの薬剤の併用がどのように異なるか比較して結論を出すことはできませんでした。この重要なエビデンスを示すため本分野の研究者らは協力すべきです。

著者の結論: 

GTNを対象としたRCTは、本疾患の有病割合が低く化学療法に対する感受性が高いため、非常にまれである。化学療法剤には相当な副作用が合併するため、理想的な治療とは軽微な副作用で最大の有効性を得られるものとすべきである。メトトレキサート(メソトレキセート)抵抗性または再発性の低リスクGTNでは、サルベージ療法を更に必要とする場合、よく使用される方法は、逐次的5日間ダクチノマイシンと続いてのMAC(メトトレキサート、ダクチノマイシン、シクロホスファミド)、またはEMA/CO(エトポシド、メトトレキサート、ダクチノマイシン、シクロホスファミド、ビンブラスチン)である。しかし、5日間ダクチノマイシンの投与はダクチノマイシンの多量投与より副作用の合併が多いため、初回メトトレキサート治療が失敗した場合でのこれらの2つのレジメンの相対的有効性および安全性を比較するRCTが望ましい。<br /><br />高リスクGTNでは、EMA/COが最もよく使用される第一選択療法で、白金製剤-エトポシドと併用され、特にEMA/EP(エトポシド、メトトレキサート、ダクチノマイシン/エトポシド、シスプラチン)併用がサルベージ療法として支持されている。TP/TE(パクリタキセル、シスプラチン/パクリタキセル、エトポシド)、BEP(ブレオマイシン、エトポシド、シスプラチン)、FAEV(フロキシウリジン、ダクチノマイシン、エトポシド、ビンクリスチン)およびFA[5‐フルオロウラシル(5-FU)、ダクチノマイシン]などの代替療法がEMA/EPと同等の有効性で副作用は少ない。しかしながら、入手可能なエビデンスからはこれは不明であり、適切なデザインのRCTにおいて検証する必要がある。英国では、抵抗性/再発性GTN患者数は少ないため、抵抗性/再発性GTNに対する介入を比較するRCTは非常に困難である。低リスクおよび高リスクの疾患において、どの救済レジメンが最良の有効性対毒性比を示すか明らかにするために必要な高品質のエビデンスを提供するため、国際的な多施設による協力が必要である。今後の研究では、経済的評価を取り入れ、二次腫瘍の長期サーベイランスも行うべきである。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

妊娠性絨毛性腫瘍(GTN)は妊娠に関連した腫瘍の中でも治癒する可能性が非常に高いが、GTN腫瘍の約25%は最初の化学療法に抵抗性であるか、その後再発する。これらの抵抗性および再発性の病変には、手術を併用または併用しない救済化学療法が必要である。様々な救済レジメンが世界で使用されている。どのレジメンが最も有効で毒性が最小であるかは不明である。

目的: 

抵抗性または再発性GTNの治療に対し、どの化学療法レジメンが最も有効で毒性が最小であるか明らかにすること。

検索方法: 

2011年10月までのCochrane Gynaecological Cancer Group Specialised Register、Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL、第4号)、MEDLINEおよびEMBASEを検索した。さらに、関連性のある学会プロシーディングおよび研究の文献リストをハンドサーチした。

選択基準: 

ランダム化比較試験(RCT)のみを選択した。

データ収集と分析: 

データ抽出フォームを作成し、メタアナリシスではReview Manager 5.1でランダム効果法を用いることとした。

主な結果: 

検索ではRCTを同定しなかったことから、メタアナリシスを実施できなかった。

訳注: 

監  訳: 江藤 宏美, 2014.3.14

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Share/Save