妊娠中および分娩後の播種性血管内凝固症候群を治療する血液学的介入

著者の結論: 

本レビューでは、妊娠中および分娩後のDICを治療する血液学的介入の安全性および有効性に関するRCTを認めなかった。母体死亡、周産期死亡および安全性などのアウトカムを評価するRCTでそのような介入を検証する必要がある。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

播種性血管内凝固症候群(DIC)は全身性血管内凝固活性化を特徴とする後天性症候群である。妊娠中および分娩後にはいくつかの産科的なDICの原因がある。

目的: 

妊娠中および分娩後のDICを治療する、ヘパリン[低分子ヘパリン(LMWH)および非分画性ヘパリン(UFH)]、ダナパロイドナトリウム、合成プロテアーゼ阻害薬、抗トロンビン薬、ヒト遺伝子組み換え活性化プロテインC、遺伝子組み換えヒト可溶性トロンボモジュリン、遺伝子組み換え組織因子経路阻害薬、遺伝子組み換え活性化第VIIa因子製剤などの血液学的介入、ならびに他の種類の血液学的介入すべて(輸血を除く)の臨床的有効性および安全性を評価すること。

検索方法: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group’s Trials Register(2010年7月27日)、LILACS(1982年~2010年7月22日)、World Health Organization International Clinical Trials Platform Search Portal(2010年7月22日)の進行中試験登録、および他の関連するウェブサイト(2010年7月22日)を検索した。

選択基準: 

妊娠中および分娩後のDICを治療するすべての血液学的介入に関するランダム化比較試験(RCT)。

データ収集と分析: 

選択基準を満たした研究はなかった。

主な結果: 

妊娠中および分娩後のDICを治療する、血液学的介入[ヘパリン(LMWH)および(UFH)]、ダナパロイドナトリウム、合成プロテアーゼ阻害薬、抗トロンビン薬、ヒト遺伝子組み換え活性化プロテインC、遺伝子組み換えヒト可溶性トロンボモジュリン、遺伝子組み換え組織因子経路阻害薬、遺伝子組み換え活性化第VIIa因子製剤、ならびに他の種類の血液学的介入に関するRCTは認められなかった。

訳注: 

監  訳: 江藤 宏美,2011.10.4

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Tools
Information
Share/Save