妊娠中の子宮内胎児の健康を評価する胎児心拍陣痛測定法(電子胎児モニタリングの形態)

この日本語訳は最新版ではない。英語の最新版をご覧になるにはここをクリックしてください。

妊娠は時に、母親の医学的症状(糖尿病または高血圧)または胎児の健康または発達に影響する状況により複雑化する場合があります。問題が生じうる上記胎児を認めた場合、およびアウトカム改善に有効な介入手段がある場合、妊娠中に使用可能な正確な検査実施が有益な場合があります。胎児心拍陣痛測定法(CTG)は、母親の腹部上に設置した超音波トランスデューサ経由に行う胎児心拍数の継続的な電子記録です。「電子胎児モニタリング」と呼ばれることもあります(EFM)。本レビューでは、妊娠中のCTG使用により合併症を有する胎児を同定し、胎児のアウトカムが改善できるか否かを検討しました。合併症高リスクの女性および低リスクの女性を対象とする試験を検索しました。本レビューには全て合併症高リスク女性を対象とする6件の試験が含まれています。試験のうち4件は、1980年代に実施され、2件は1990年代後半に実施されました。コンピュータ制御によるCTG結果解釈を実施した所見は有望でしたが、認めたアウトカムには認められませんでした。しかし、CTGモニター、関連技術および、妊娠中に各種合併症を有する女性に対する助産師および産婦人科医の対応は、年とともに変化しています。すなわち、合併症リスク増加の胎児のアウトカムが出生前CTG、特にコンピュータ制御CTGにより改善可能であるか否かを検討するさらなる試験が必要ということになります。

著者の結論: 

出生前CTGが周産期アウトカムを改善するという明らかなエビデンスは得られなかったが、合併症高リスク女性からなる特定集団でのコンピュータ制御CTGの使用を主眼とする新たな試験実施が勧告されている。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

胎児心拍陣痛測定法(CTG)は、母親の腹部上に超音波トランスデューサを設置して胎児心拍数を連続的に記録するものである。CTGは主に合併症リスクが増加する妊娠期に胎児の健康を評価する方法として広く用いられている。

目的: 

妊娠中および妊娠後の母親および子どものアウトカム改善における出生前CTG(従来の評価およびコンピュータ制御の評価)の有効性を評価する。

検索方法: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Register(2012年7月9日)および検索した試験の文献リストを検索した。

選択基準: 

従来の出生前CTG結果とCTGなしまたはCTGを隠蔵化した結果との比較、コンピュータ制御のCTG結果とCTGなしまたはCTGを隠蔵化した結果との比較並びに、コンピュータ制御CTG結果と従来のCTG結果との比較を行うランダム化比較試験(RCT)および準RCT

データ収集と分析: 

2名のレビューアが別々に適格性、質を評価し、データを抽出した。

主な結果: 

6件の試験(女性2,105名を含む)を組み入れた。全体として、組み入れた試験は高品質ではなく、2件のみ適切なランダム化の手順に従い、割りつけの隠蔵化(コンシールメント)がなされていた。組み入れ可能だった全試験とも、合併症高リスクの女性のみ登録していた。<br /><br />メタアナリシスは当該アウトカムの評価には検出力不足であったが、従来のCTGとCTGなしの比較で周産期死亡率[リスク比(RR) 2.05、95%CI 0.95~4.42、2.3%対1.1%、4件の試験、N = 1,627]または予防可能な死亡例(RR 2.46、95%CI 0.96~6.30、4件の試験、N = 1,627)に有意を認めなかった。同様に、帝王切開(RR 1.06、95%CI 0.88~1.28, 19.7%対18.5%、3件の試験、N = 1,279)または評価した副次アウトカムに有意を認めなかった。<br /><br />コンピュータ制御CTGとCTGなしを比較した適格な試験は存在しなかった。<br /><br />コンピュータ制御CTGと従来のCTGとの比較では、コンピュータ制御CTGにより周産期死亡率の有意な低下を認めた(RR 0.20、95%CI 0.04~0.88、2件の試験、0.9%対4.2%、女性469名)。ただし、メタアナリシスは当該アウトカム評価に十分な検出力を有していなかったが、予防可能な死亡例(RR 0.23、95%CI 0.04~1.29、2件の試験、N = 469)に有意を認めなかった。帝王切開(RR 0.87、95%CI 0.61~1.24、63%対72%、1件の試験、N = 59)または副次アウトカムに有意を認めなかった。

訳注: 

監  訳: 江藤 宏美, 2014.3.14

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Share/Save