母子の罹病率および死亡率を低下させ新生児アウトカムを改善するための地域ベース介入パッケージ

この日本語訳は最新版ではない。英語の最新版をご覧になるにはここをクリックしてください。
著者の結論: 

本レビューは、様々な介入(これは様々な地域医療ワーカーや健康増進グループが提供するために効率的にパッケージすることができる)により、地域社会における母親と新生児のケアを統合する有用性について有望なエビデンスを提供する。母親や新生児のケアに熟練した提供サービスや施設ベースのサービスが重要であることは否定できない一方、様々な地域ベース・ワーカーにより提供され得るパッケージによって、地域ベースのケアをスケールアップするためのエビデンスは十分である。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

発展途上国における母親、乳児、5歳未満小児の死亡率は過去20~30年間で有意に低下した一方、新生児死亡率の低下はこれよりもはるかにゆっくりである。新生児死亡のほぼ半数は、エビデンスに基づく利用可能な介入(例えば、母親への破傷風トキソイド免疫;分娩時の清潔で熟練したケア;新生児蘇生法;完全母乳栄養;清潔な臍帯ケア;新生児における感染症管理)をスケールアップすることにより予防できることが認められている一方、多くは施設ベースのサービスやアウトリーチサービスを必要とする。これらの死亡率や罹病率の有意な割合は地域ベースのパッケージ介入を策定することにより対処できる可能性があり、このパッケージ介入については地方の保健機関との連携を発展および強化させることによって補うべきであることも述べられている。妊娠可能年齢をターゲットにした介入を検討した最近の地域ベース研究の一部で、母体アウトカムに対する影響は一定せず、したがって、これらの戦略が一連の母子ケアに一貫した利益を有するかどうかは確かでない。

目的: 

母親と新生児の死亡率や罹病率を低下させ、新生児アウトカムを改善するのに地域ベース介入パッケージが有用かどうかを評価する。

検索方法: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Register(2010年1月)、World Bank's JOLIS(2010年1月12日)、未発表研究報告書のBLDS at IDSおよびIDEASデータベース(2010年1月12日)、GoogleおよびGoogle Scholar(2010年1月12日)を検索した。

選択基準: 

母親と新生児の死亡率と罹病率の低下と新生児アウトカム改善における地域ベース介入パッケージの有効性を評価している全ての前向きのランダム化および準ランダム化実験的試験

データ収集と分析: 

2人のレビューアが独自に試験の質を評価し、データを抽出した。

主な結果: 

本レビューには、広い範囲の介入パッケージをカバーしている18件のクラスターランダム化/準ランダム化試験を、1件の研究からの2つのサブセットを含めて選択した。リスク比推定値の対数をリスク比推定値の対数の標準誤とともに用いた一般的逆分散法を用いて、これらの試験のデータを統合した。本レビューは、母体死亡率の低下を示さなかった(リスク比(RR)0.77;95%信頼区間(CI)0.59~1.02、ランダム効果(10件の研究、n=144,956)、I2 39%、P値0.10)。しかし、地域ベース介入ケアパッケージ実行の結果として、母体罹病率(RR 0.75;95%CI 0.61~0.92、ランダム効果;4件の研究、n=138,290、I2 28%)、新生児死亡率(RR 0.76;95%CI 0.68~0.84、ランダム効果;12件の研究、n=136,425、I2 69%、P値<0.001)、死産(RR 0.84;95%CI 0.74~0.97、ランダム効果;11件の研究、n=113,821、I2 66%、P値0.001)、および周産期死亡率(RR 0.80;95%CI 0.71~0.91、ランダム効果;10件の研究、n=110,291、I2 82%、P値<0.001)の有意な低下が観察された。また、妊娠関連の合併症のための医療施設への紹介を40%増加させ(RR 1.40;95%CI 1.19~1.65、固定効果;2件の研究、n=22,800、I2 0%、P値0.76)、早期母乳栄養率を94%高めた(RR 1.94;95%CI 1.56~2.42、ランダム効果;6件の研究、n=20,627、I2 97%、P値<0.001)。主要アウトカムを出版バイアスに対して評価したが、ファンネルプロットで非対称性を観察しなかった。

訳注: 

監  訳: 江藤 宏美,2011.7.12

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Share/Save