糖尿病/耐糖能障害が既にある、または妊娠糖尿病の既往がある女性に対する経口糖尿病治療薬

この日本語訳は最新版ではない。英語の最新版をご覧になるにはここをクリックしてください。
著者の結論: 

糖尿病か耐糖能障害があるまたは妊娠糖尿病の既往があって妊娠を計画している女性、あるいは糖尿病が既にある妊婦を対象として、経口糖尿病治療薬の使用を評価しているランダム化エビデンスはほとんど入手可能でない。これらの女性を対象として、経口糖尿病治療薬、インスリンおよび食事やライフスタイルの助言の任意の組み合わせを比較し、母体と乳児の健康アウトカム、血糖コントロール、介入に対する女性の考え、母子の長期健康アウトカムについて報告できる大規模試験が実地臨床を手引きするために必要である。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

多くのガイドラインは、妊娠が既存の糖尿病に影響される女性に対してインスリンの使用を推奨しているが、経口剤は患者許容性とアドヒアランスに明らかな利益を有する。しかし、経口糖尿病治療薬が母子の健康アウトカムに与える影響を評価することが必要である。さらに、妊娠糖尿病の既往のある女性は耐糖能障害の素因を有することが見いだされており、これらの女性に対して介入の必要があるにもかかわらず、受胎前やその後の妊娠中の経口糖尿病治療薬の使用について、これまでエビデンスはほとんどない。

目的: 

妊娠を計画している糖尿病や耐糖能障害が既にあるまたは妊娠糖尿病の既往がある女性、あるいは糖尿病のある妊婦において、経口糖尿病治療薬が母子の健康に及ぼす影響を検討する。妊娠糖尿病管理のための経口糖尿病治療薬の妊娠中の使用は別のコクラン・レビューで評価されている。

検索方法: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Registerを検索した(2010年3月)。

選択基準: 

ランダム化試験と準ランダム化試験を選択した。

データ収集と分析: 

2人のレビューアが独自に試験を選択に対して適格かどうか評価した。

主な結果: 

Cochrane Pregnancy and Childbirth group文献検索を用いて25誌の論文として発表された13件の試験を同定し、さらに進行中の試験を同定した。いずれの試験も本レビューに選択しなかった。1件の試験は評価を待っているところであり、12件の試験については、妊娠糖尿病の女性または多嚢胞性卵巣症候群の女性の治療を評価した、ランダム化比較試験でなかった、またはデータが入手可能でなかったため除外した。

訳注: 

監  訳: 曽根 正好,2011.7.12

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Share/Save