サンザシ(Hawthorn )抽出物は慢性心不全の経口治療薬のひとつとして使用されることがある。

サンザシ(Hawthorn )抽出物(低木のサンザシから取った葉、花弁、果実を乾燥させものから作る)は慢性心不全の経口治療薬のひとつとして使用されることがある。今回のレビューでは、二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(randomised clinical trials :RCT)14件を対象とした。いずれの試験も同じ治療アウトカムを評価しておらず、いくつかの試験には、患者が受けていた他の心不全治療に関する説明がなかった。メタアナリシスの対象とすることが可能だった試験は、心不全症状および心機能に改善が認められたことを示していた。したがって、この結果は慢性心不全に対する従来の治療に加えて、サンザシ抽出物を使用することが有益であることを示唆している。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2018.12.25] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 【CD005312.pub2】

Tools
Information
Share/Save