非アルコール性脂肪肝疾患および/または脂肪性肝炎患者での抗酸化剤の補充について支持・否定するエビデンスはない。

非アルコール性脂肪肝疾患は、過剰なアルコール摂取および既に知られている脂肪肝の他の原因が認められない場合の肝細胞における脂肪沈着を特徴とする。抗酸化サプリメントにより、肝障害が改善される可能性がある。このシステマティック・レビューにより、6件のランダム化臨床試験が確認された。対象となった試験のいずれでも、肝臓の関連有無に関わらず死亡は生じなかった。有害事象は軽度で、また特異的なものはなかった。抗酸化サプリメントによる治療では、プラセボまたは他の介入と比較して、臨床的には重要ではないがアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの有意な改善が示されたが、アラニンアミノトランスフェラーゼは改善を示さなかった。放射線学的および/または組織学的反応に関するデータは非常に限られていたため、結論を導き出せなかった。さらなるプラセボ対照試験が必要である。

著者の結論: 

非アルコール性脂肪肝疾患患者での抗酸化剤の補充について、指示・否定のいずれについても十分なデータがない。このトピックについては、大規模な前向きランダム化臨床試験を行うことを推奨する。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

非アルコール性脂肪肝疾患は、アルコール摂取以外に明確な原因が認められない患者において肝細胞内の脂肪の堆積を特徴とする疾患である。非アルコール性脂肪肝疾患は、脂肪肝から非アルコール性脂肪性肝炎、または肝硬変までの幅広い範囲の組織像異常が認められる。そのため、抗酸化剤の補充により、酸化ストレスおよびその結果で生じる脂質の過酸化に対して細胞構造を保護する可能性がある。

目的: 

非アルコール性脂肪肝疾患患者 または非アルコール性脂肪性肝炎患者を対象に、抗酸化剤補充の有用性および有害性について、介入を行わない場合、プラセボ、またはその他介入と比較し体系的に評価する。

検索方法: 

Cochrane Hepato-Biliary Group Controlled Trials Register(2006年6月)、Cochrane Library(2006年、第2号)のCochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL)、MEDLINE(1966年~2006年6月)、EMBASE(1980年~2006年6月)、およびChinese Biomedical Database(1978年~2006年6月)を検索した。言語の制限は設けなかった。

選択基準: 

非アルコール性脂肪肝疾患患者または非アルコール性脂肪性肝炎患者を対象に、抗酸化剤補充と介入を行わない、プラセボ、またはその他介入を比較評価したランダム化臨床試験このレビューでの非アルコール性脂肪肝疾患または非アルコール性脂肪性肝炎の選択基準は、アルコール摂取歴が最低限または全くなく、画像診断で脂肪肝が認められ、組織像による肝障害のエビデンス(単純性脂肪肝、非特異性炎症を伴う脂肪浸潤、脂肪性肝炎、線維症、および肝硬変など)により判断し、またその他の原因の脂肪肝は除外とした。

データ収集と分析: 

確認された試験よりデータを抽出し、また筆者に問い合わせた。また、ランダム効果モデルおよび固定効果モデルを用い、有意水準をP=0.05で設定した。さらに、ランダム化試験方法の品質について、割付け順の生成方法、割付けの隠蔽化、盲検化、およびフォローアップの実施方法を確認し評価した。なお、欠測値データの代入によるITT方法に従い解析を実施した。

主な結果: 

このレビューでは、6件の試験が確認された。このうち2件は試験方法の品質が高いと考えられ、また4件は試験方法の品質が低いと考えられた。いずれの試験でも死亡は報告されなかった。抗酸化剤の補充についてプラセボまたはその他介入との比較したところ、臨床的には重要ではないものの、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ濃度の有意な改善が示されたが、アラニンアミノトランスフェラーゼ濃度では改善が認められなかった。投与群では有意ではないものの、γ-グルタミルトランスペプチダーゼの減少が認められた。画像診断および組織学的データは非常に限られていたのでこれらの有効性に関して結論を導出するのは不可能である。有害事象は特異的なものではなく、また主な臨床的重要性はなかった。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2018.2.26]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。
 CD004996 Pub3

Tools
Information
Share/Save