慢性喘息に対するアレキサンダー法

喘息発作中に、気道が狭窄し、呼吸の症状、喘鳴及び咳嗽が引き起こされる。喘息は、アレルギー、花粉、ストレス又は大気汚染により生じ、致死的になる場合がある。アレキサンダー法とは、姿勢を矯正し身体を自然な位置に整えるようデザインされた一連の動作に関する理学療法の一形態で、リラクゼーションを助ける。アレキサンダー法は喘息患者が呼吸を試み改善するために使用されてきた。今回認めた試験のレビューでは、喘息への薬剤使用の必要性を低下させるアレキサンダー法の効果を示すエビデンスが十分に得られなかった。さらなる調査が必要である。

著者の結論: 

ATが慢性喘息の症状に肯定的な影響をもたらし、ぜんそく患者の投薬を減らすのに有用であるとする医師の主張を検討するため、しっかりとかつ適切にデザインされたランダム化比較試験を実施する必要がある。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

アレキサンダー法とは、身体が有効に機能するよう姿勢を矯正し、身体を自然な位置に整えるようデザインされた一連の動作に関する理学療法の教授法で、リラクゼーションを助けると報告されている。一部の医師は、喘息患者など、より楽で効率のよい呼吸を望む例に有効であると主張している。

目的: 

本レビューの目的は、安定期慢性喘息患者におけるアレキサンダー法の有効性を評価することであった。

検索方法: 

Cochrane Airways Group Specialised Register、Cochrane Complementary Medicine Field trials register及び関連論文の文献目録を検索した。最終検索日は、2012年6月であった。

選択基準: 

安定期慢性喘息の症状改善のためのアレキサンダー法(AT)を別の介入又は無介入と比較しているランダム化比較試験

データ収集と分析: 

選択基準に合致する試験はなかった。

主な結果: 

メタアナリシスは実施できなかった。

訳注: 

監  訳: 尹 忠秀,2013.1.30

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Tools
Information
Share/Save