コクランの戦略

『2020年への戦略』では、世界中の健康に関する意思決定の中心にコクランのエビデンスが据えられることを目標としています。

2020年への戦略

The Strategy to 2020 defines how we intend to accomplish this and provides a framework for Cochrane’s future decision-making, helping us respond to the strategic opportunities and challenges that we face in the next decade and beyond. It is the result of a collaborative process undertaken by our global network of contributors; and represents the collective vision of the organisation to 2020 that relies on those contributors to ensure its success.

『2020年への戦略』では、4つの重要な目標を達成することを狙いとしています。この目標は、等しく重視・優先され相互に関連する3つの領域(目標1~3)からなり、組織を強化して新たなミッションを支えることを意図した4番目の基礎的な領域(目標4)がその土台となっています。

目標1 エビデンスを提供する
高品質で適切な最新のシステマティックレビューの作成をはじめ、エビデンス(科学的根拠)を統合し、健康に関する意思決定のための情報を提供する。

目標2 私たちのエビデンスを利用しやすくする
世界のどこにいても、だれにとっても、コクランのエビデンスを利用しやすく、役に立つものにする。

目標3 エビデンスを支持する
コクランが「エビデンスの拠点」となり、健康に関する意思決定に必要な情報を提供し、私たちの取り組みに対する認識をさらに高め、エビデンスに基づく医療の第一の支持者になる。

目標4 効率的で持続可能な組織を作る
あらゆる人が参加できる多様で透明な国際組織となり、協力者の熱意とスキルを効果的に生かす。また、組織の原則に従い、責任を持って運営し、効率的に管理して、資源を最大限に活用する。

シェア/保存する