血圧に対するココアの効果

レビューの論点

成人を対象に、2週間以上にわたり連日摂取した場合の血圧に対するココア製品の効果を評価した。治療比較40件を含む35試験を同定した。

背景

ブラックチョコレートやココア製品は、フラバノールと呼ばれる化合物を豊富に含んでいる。心血管疾患(心臓および血管の障害)のリスクファクターとして知られる血圧の低下に役立つ可能性があるため、フラバノールに対する関心が高まっている。血圧を下げるフラバノールの性質は、一酸化窒素によって生じる血管拡張に関連していると考えられる。

試験の特性

各研究の期間は短く、ほとんどが2~12週間であり、18週間はわずか1試験であった。研究は、主として健康成人1804名を対象としていた。試験では、実介入群において、1日1.4~105 gのココア製品中のフラバノール30~1218 mg(平均670 mg)を参加者に摂取させていた。7試験が試験結果に商業的利害を持つ企業からの資金援助を受けており、上記7試験では、報告された効果が若干大きかったため、バイアスの可能性が示唆された。エビデンスは、2016年11月現在のものである。

主な結果

治療比較40件のメタアナリシスでは、わずかではあるが統計学的に有意な1.8 mmHgの血圧低下(収縮期血圧および拡張期血圧)がみられた。このわずかな血圧低下は、他の治療選択肢を補完し、心血管疾患リスクの低減に役立つ可能性がある。

試験開始時の参加者の血圧、年齢、割付け群(実介入群または対照群)を認識していたか否か、対照群のフラバノール含有量あるいは試験実施期間によって、試験間のばらつきに説明がつくか否かを調査した。血圧状態(高血圧または正常血圧)が血圧に対するココアの効果量の因子である可能性が高いものの、今後の試験で、他の因子の影響を確認または否定する必要がある。

消化管愁訴や試験に用いた製品に対する嫌悪などの副作用は、ココア実介入群ではわずかに1%、対照群では0.4%にみられた。

フラバノール高含有ココア製品の習慣的な摂取が血圧および心血管の健康に長期にわたって有益な作用を有するか否か、また、日常的にココア製品を長期摂取することにより副作用が生じるか否かを明らかにするため、長期試験の実施が求められる。

エビデンスの質

エビデンスレベルは中等度である。長期にわたるココア製品の日常的な摂取がもたらす血圧への影響を検討したランダム化比較試験を同定することはできず、また、心臓発作または脳卒中などの高血圧による健康上の影響を評価した試験は存在しなかった。

著者の結論: 

主に健康成人において、フラバノール高含有チョコレートおよびココア製品は短期的に血圧をわずかに低下させる(2 mmHg)作用を有するとの中等度の質のエビデンスが、本レビューから得られた。

試験間には、盲検化、対照群のフラバノール含有量、参加者の年齢または試験実施期間などに基づく事前に定めたサブグループ解析では説明がつかない異質性が存在するため、上記の結果には限界が認められる。しかし、血圧に対するココアの効果には、ベースライン血圧が影響を及ぼしている可能性があり、試験のサブグループ解析から、高血圧および前高血圧状態の参加者では、境界有意を示した血圧正常者の結果と比較して、ココアの血圧低下作用は大きい ことが明らかになった。

ココアが心血管イベントに有効か否か、またココア製品を習慣的に摂取した場合の有害作用の可能性を評価するため、臨床アウトカムに対するココアの効果を検討する長期試験も必要である。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

高血圧は心血管疾患の重要なリスク因子の一つで、世界では心血管イベントの約50%、また西洋人集団では心血管関連死の37%を占めている。疫学的研究では、ココア高含有製品により心血管疾患リスクが低減することが示唆されている。ココアに含まれるフラバノールは、血管拡張を促進し血圧を下げる内皮一酸化窒素の生成を増加することが示されている。以下に、血圧に対するココアの効果について、過去のメタアナリシスをアップデートする。

目的: 

高血圧の有無にかかわらず、成人を対象として、チョコレートまたはココア製品を2週間以上摂取したときの血圧に対する効果を、フラバノール低含有製品またはプラセボと比較して評価する。

検索方法: 

本レビューは、2012年に初めて公表したレビューのアップデート版である。今回のアップデート版では、以下の電子データベースを初版から2016年11月まで検索した。Cochrane Hypertension Group Specialised Register、CENTRAL、MEDLINEおよびEmbase。また、国際臨床試験登録ならびにレビュー論文および収載された試験の目録も検索した。

選択基準: 

成人を対象として、チョコレートまたはココア製品が収縮期血圧および拡張期血圧に及ぼす影響を2週間以上にわたり検討したランダム化比較試験(RCT)をレビュー対象とした。

データ収集と分析: 

2名のレビュー著者がそれぞれデータを抽出し、各試験についてバイアスのリスクを評価した。Review Manager 5を用い、選択基準を満たした研究のメタアナリシスをランダム効果モデルにより実施した。ベースライン血圧、対照群のフラバノール含有量、盲検化、年齢および摂取期間に基づくサブグループ解析で異質性を調べた。感度分析では、独自の研究デザインが及ぼす影響を調べた。

主な結果: 

35試験(治療比較 40件を含む)が組み入れ基準を満たした。このうち、17試験(治療比較20件)を、本アップデートレビューの旧版で対象としていた18試験(治療比較20件)に加えた。

試験では、実介入群において、1日1.4~105 gのココア製品中のフラバノール30~1218 mg(平均670 mg)を参加者に摂取させていた。対照群には、フラバノール無含有製品(治療比較26件)またはフラバノール低含有ココア粉末(フラバノール含有量6.4~88 mg[平均含有量55 mg、治療比較13件]および259 mg[1試験])を摂取させていた。

主として健康な参加者1804名を対象とした治療比較40件についてメタアナリシスを実施した結果、2~18週間(平均9週間)にわたる試験において、フラバノール高含有ココア製品は対照と比較して、わずかではあるが統計学的に有意な血圧低下作用を有することが示された。収縮期血圧(SBP)の平均差(95%信頼区間[CI]):-1.76(-3.09~-0.43)mmHg、P = 0.009、治療比較40件、参加者1804名。拡張期血圧(DBP)の平均差(95% CI):-1.76(-2.57~-0.94)mmHg、P < 0.001、治療比較39件、参加者1772名。

血圧に対するココアの効果に、ベースライン血圧が影響を及ぼしている可能性がある。高血圧の参加者では収縮期血圧4 mmHgの有意な低下(治療比較9件、参加者401名)が認められ、前高血圧状態の参加者では収縮期血圧の低下傾向(治療比較8件、参加者340名)が認められたものの、血圧正常者では有意な差は認められなかった(治療比較23件、参加者1063名)。しかし、サブグループ間の差に関する検定において、境界有意であった(P = 0.08、I2 = 60%)ため、今後の研究によりこの結果を確認する必要がある。

盲検化に基づくサブグループのメタアナリシスから、統計学的に有意ではないものの、非盲検試験では二重盲検試験に比べて血圧低下幅が大きい傾向が示唆された。参加者の期待が血圧測定値に及ぼす影響の有無を確認するため、今後の研究が求められる。対照の種類に基づくサブグループのメタアナリシス(フラバノール無含有と低含有)では、有意差は認められなかった。

血圧に対するココアの効果に参加者の年齢が影響を及ぼすか否かについては、血圧低下幅が大きい若年参加者を対象に、さらに検討を重ねる必要がある。

試験に資金援助する産業により雇用された者が執筆した試験を除いて感度分析を行った結果、若干の効果量の減少が認められ、多少の報告バイアスが存在することが示された(33試験、参加者1482名)。

遺残する異質性は、盲検化、対照群のフラバノール含有量、参加者の年齢または試験実施期間によって説明がつかず、エビデンスレベルの評価を高から中等度に引き下げた。

サブグループ解析の結果は慎重に解釈にするべきであり、直接ランダム化比較法を用いた試験では裏付けが必要な場合や、反証を示すべき場合もある。

概して、ココア製品は忍容性が極めて良好であり、消化管愁訴や悪心などの有害作用報告は、実介入群で1%、対照群で0.4%であった(エビデンスの質は中等度)。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2017.11.27]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。
 CD008893 Pub3

Tools
Information
Share/Save