その後の癌の発症を予防するための胞状奇胎(奇胎妊娠)に対する予防的化学療法

この日本語訳は最新版ではない。 ここをクリックし最新の英語版をご覧ください。

奇胎妊娠(胞状奇胎)は、受胎異常に続いて発症し、子宮内で胎盤組織が異常に増殖した状態です。 奇胎妊娠はその外観(肉眼的および顕微鏡的)と染色体パターンに基づいて全胞状奇胎と部分胞状奇胎に分けられます。 奇胎は通常妊娠早期の走査検査で疑われ、流産と同じような出血がしばしばみられます。 奇胎組織は、頸管拡張子宮掻爬術(D&C)としても知られている、妊娠遺残物除去(ERPC)により除去し、一般的には女性は完全に回復します。 しかし、子宮内に癌が発症する女性もいます(全胞状奇胎の女性の約5人に1人、部分胞状奇胎の女性の200人に1人)。 年齢が40歳を超えている、子宮の大幅な増大あり、大きい卵巣嚢胞、最初の血中ベータ型ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)(妊娠ホルモン)が高値の場合、 一般的に妊娠性絨毛腫瘍(GTN)として知られている癌になる危険性が高くなります。 化学療法(抗癌剤)による癌の治療はほとんど常に有効ですが、奇胎組織除去前後のルーチンの抗癌剤投与により癌性組織の増殖リスクを減らすことが提案されています。 このレビューにより、ERPC前後の奇胎妊娠女性への化学療法予防投与の利益とリスクを評価することとしました。 総計613名の女性を対象とした3件のランダム化研究を認めました。 2件の研究はすべてCMの女性を対象にメトトレキサートについて検討しており、1件はGTNになるリスクが高いCMの女性を対象にダクチノマイシンについて検討していました。 メトトレキサートの2件は比較的に質の良くない研究方法を用いた古い研究であったため、その知見を信頼することはできませんでした。 全体として、このレビューの知見によると、奇胎妊娠後に癌が発症する女性の数は予防的化学療法により減少するものの、 これは高リスクの奇胎の女性にのみ当てはまる可能性が示唆されました。 さらに、予防的化学療法により癌の診断までの時間が長くかかり、癌が発症した場合、癌が治るのに必要な抗癌治療回数が増加する可能性がみられました。 利用可能なデータが十分ではなかったため、このレビューで予防的化学療法の短期と長期の副作用を評価することはできませんでしたが、 これらの研究で研究者らが用いた5日間および8日間の予防的化学療法のコースはルーチンに女性に投与するには毒性が高いことが懸念されました。 現在、奇胎妊娠女性に対する抗癌剤投与を支持するエビデンスは不十分です。 しかし、GTNは現在の治療によりほとんど常に治り、奇胎妊娠に対する予防的化学療法は、 本格的な化学療法を必要とするリスクを減らすだけで取り除くものではないと考えられます。 さらに、胞状奇胎女性の綿密なモニタリングやフォローアップの必要性に変わりはありません。

著者の結論: 

予防的化学療法が、悪性転換リスクの高いCM女性でのGTN進行リスクを減らす可能性があるが、 予防的化学療法を支持する現在のエビデンスは、選択した研究の方法論的質の低さおよび規模の小ささから限られたものとなっている。 予防的化学療法により薬剤耐性が上昇し、GTNの治療が遅延し、女性を毒性のある副作用に不必要にさらすことから、本法は現在推奨されない。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

胞状奇胎(HM)は奇胎妊娠ともいい、子宮内での胎児絨毛性組織の異常増殖を特徴とする。 HMには、その肉眼的外観、組織病理、および核型により部分胞状奇胎(PM)または全胞状奇胎(CM)に分けられる。 PMは通常三倍体核型を有し母親と父親由来であるのに対し、CMは二倍体で父親のみの由来である。 HMを有する女性の大半は、妊娠遺残物除去(ERPC)により治癒を得ることが可能であり、妊孕性は温存される。 しかし一部の女性では、増殖が持続し、化学療法による治療が必要な悪性腫瘍の一つである妊娠性絨毛腫瘍(GTN)に進行する。 PMよりもCMで悪性転換が高率に起こる。予防的化学療法(P-Chem)の施行によってHM女性でのGTNリスクが低減する可能性がある。 しかし、悪性続発症を予防するためHMの除去前または後に予防的化学療法を行うことについては、この方法のリスクと利益がはっきりしないことから議論が続いている。

目的: 

奇胎妊娠女性でのGTN予防のための予防的化学療法の有効性および安全性に関するエビデンスのシステマティックレビューを行うこと。

検索方法: 

Cochrane Gynaecological Cancer Specialised Register, the Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL、2012年第2号)、 MEDLINE(1946~2012年2月第4週)、EMBASE(1980~2012年第9週)の電子的検索を行った。 自由文およびmedical subject headings(MESH)を用いて検索方法をあみ出した。 関連する文献の参考文献リストをハンドサーチしその後追加された研究を同定した。

選択基準: 

HMに対する予防的化学療法のランダム化比較試験(RCT)を選択した。

データ収集と分析: 

2名のレビューアが別々に本レビューの選択について研究を評価し、特別にデザインしたデータ収集フォームにデータを抽出した。 RevMan 5.1ソフトウェアを用いて個々の試験からデータを統合しメタアナリシスを実施した。

主な結果: 

統合した結果、総計参加者613名になる3件のRCTを選択した。 1件の研究(参加者60名)では、ダクチノマイシン予防投与を予防投与なしと比較し、他の2件の研究(参加者420名および133名)ではメトトレキサート予防投与を予防投与なしと比較していた。 すべての参加者はCMと診断されていた。 後者2件の研究の方法論的質は良くないと判断した。 予防的化学療法により、CM後の女性でのGTN発症リスクが低下した(3件の研究、参加者550名、RR 0.37、95%信頼区間(CI)0.24~0.57、I2 = 0%、P < 0.00001)が、 選択した2件の研究の質が良くなかったため、これらの2件の研究を除外して感度分析を実施した。 このため、この主要アウトカムのためのデータとして寄与するのは、 高リスクの女性を対象とした1件の小規模研究(参加者59名、RR 0.28、95%CI 0.10~0.73、P = 0.01)しか残らないこととなり、本エビデンスの質は低いと判断した。 診断までの時間はコントロール群より予防的化学療法群の方が長く[2件の研究、参加者33名、平均差(MD)28.72、95%CI 13.19~44.24、P = 0.0003]、 予防的化学療法群の方がその後のGTN治癒のためのクール数を多く必要とした(質の低い1件の研究、参加者14名、MD 1.10、95%CI 0.52~1.68、P = 0.0002)。 上記と同様の理由から、本エビデンスの質は低~非常に低いと判断した。 毒性、全生存、薬剤耐性、生殖能アウトカムについてのメタアナリシスを実施するには不十分なデータしかなかった。

訳注: 

Translated by: MINDS

Translation supported by:

Share/Save