C型肝炎ウイルス感染に対する薬草療法

C型肝炎はC型肝炎ウイルスによる肝臓の感染性疾患である。世界中で約1億7000万人がこのウイルスに慢性感染している。ウイルス感染は、肝硬変、肝臓癌、肝不全など重度の続発症と関連している。C型肝炎の治療に薬草が使用されてきた。本システマティックレビューでは、急性および慢性C型肝炎に対する薬草の効果を評価する。

慢性C型肝炎患者を対象に、10種類の薬草に関する10件のランダム化試験が実施された。本システマティックレビューでは、薬草をプラセボと比較した場合、有意な抗ウイルス作用は認められなかったが、データによると、一部の薬草とインターフェロンの併用がHCV RNAクリアランスおよび肝酵素の正常化に有効な可能性が示唆される。しかし、有望な結果を示す試験の大多数は方法の質が低いため、慢性C型肝炎に対するこれらの薬草の有効性を示す強力なエビデンスは得られていない。適切にデザインされたランダム化臨床試験以外で、C型肝炎ウイルス感染症に対して薬草を使用すべきではない。

著者の結論: 

HCV感染に対する薬草の効果について強固なエビデンスは得られていない。ランダム化臨床試験以外で薬草をHCV感染に用いるべきではない。

アブストラクト全文を閲覧
背景: 

C型肝炎ウイルス(HCV)感染症は世界中で深刻な健康上の問題である。C型肝炎に対する薬草の使用が増加している。

目的: 

C型感染ウイルス感染症に対する薬草の有効性および安全性を評価すること。

検索方法: 

The Controlled Trial Registers of The Cochrane Hepato-Biliary Group、The Cochrane Complementary Medicine Field、およびThe Cochrane Library ならびにMEDLINE、EMBASE、BIOSIS、中国および日本のデータベース(2001年2月)を検索した。中国および日本の学術雑誌5誌のハンドサーチを行った。言語の制約は設けなかった。

選択基準: 

薬草をプラセボ、介入なし、非特異的な一般治療、他の薬草、またはインターフェロンおよび/またはリバビリン療法と比較したランダム化臨床試験。薬草とインターフェロンおよび/またはリバビリンの併用療法をインターフェロンおよび/またはリバビリン単独療法と比較した試験も対象とした。

データ収集と分析: 

2名の著者がそれぞれデータを抽出した。割付順序の生成、割付の隠蔽化、二重盲検化およびJadadスケールを用いて試験の方法の質を評価した。アウトカムは相対リスクまたは重み付け平均差で表し、いずれも95%信頼区間を求めた。

主な結果: 

主に慢性C型肝炎の患者517名を対象とした10件のランダム化試験では、10種類の薬草をさまざまな対照介入(プラセボ4件、インターフェロン4件、他の薬草2件)と比較評価した。方法の質は4試験が十分、6試験が不十分であると考えられた。プラセボと比較した4試験では、いずれの薬草でも血清HCV RNAもしくは抗HCV抗体のクリアランス、または血清肝酵素に対する有益な効果は認められなかった。ただし、1件の短期試験では、シリビン製剤が血清アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ活性およびガンマグルタミルトランスペプチターゼ活性の低下に有意な効果を示した。薬草製剤Bing Gan Tangとインターフェロン−アルファを併用した場合、インターフェロン−アルファ単独療法と比較して血清HCV RNAクリアランス(相対リスク2.54; 95%信頼区間1.43〜4.49)および血清アラニンアミノトランスフェラーゼ活性の正常化(相対リスク2.54; 95%信頼区間1.43〜4.49)に有意な効果を示した。薬草製剤YiZhu煎じ薬は、グリチルリチンとリバビリンを併用した場合と比較して血清HCV RNAクリアランスおよびALT正常化に顕著な効果を示した。Yi Er Gan Tangは、シリマリンとグルクロノラクトンを併用した場合と比較して血清アラニンアミノトランスフェラーゼ正常化に顕著な効果を示した。レビューの対象とした他の薬草に有意な効果は認められなかった。薬草と有害事象の関連が認められた。

訳注: 

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2018.1.27]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 
CD003183

Tools
Information
Share/Save